ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

at the drive-in(3回目のプロポーズ編)

at the drive-inat the drive-in(俺が左と言ったんだ編)の続き。

運転免許の実技試験に過去2回挑戦しながら未だそのスタートラインにも立てなかった男がついに立つ!

予約時間は15時。
試験会場到着時間は14時。
完璧。
3回目にしてようやく受験に至る。
後は問題無いはず。
引き延ばされた試験日のおかげで運転経験を重ねていたのだ!

と思ったら試験開始と同時に試験管にシートベルトの不具合を注意される。
減点。
公道に出て言われた通りの道を行く。
車線変更などお安い御用だ。
住宅道に入って一旦駐車。
問題ナッシ。
しかし余裕が油断につながり再発信の際のウインカーを出し忘れる。
減点。
まだ大丈夫、なはず。
速度制限はバッチリ守っているしSTOPの標識ではこれでもかというくらいに左右確認してやった。

そしてなんとか終了。
総運転時間15分。

合否の境界線は-14点らしい。
結果は-10点。
合格じゃっ!

しかしいつの間にそんなに減点されていたのだろう。
けっこうぎりぎりじゃないか。

しかし合格は合格である。
この15分の運転のために1ヶ月以上も歯軋りしながら待ったのだ。
失敗するわけにはいかなかった。

筆記試験に受かり仮免許を取得して以来およそ11ヶ月を経てようやく免許保持者の身。
あと3週間遅かったら仮免許の有効期限が切れていたところだ。

ちなみに仮免許の写真とは顔も髪型も違うので特別に写真を撮り直すことになった。
しかし僕はカメラを向けられると途端にイタリア系になってしまう癖があるのだ。
d0059577_16291517.jpg


何はともあれこれで後は保険に加入すれば万事完了。
これにてat the drive-inシリーズは幕を閉じます。
いやー正直本気で安心しましたよ。
ブラック・ジャックも卒業です。

それではこのへんでさようなら。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-06-21 16:33 | 生活
<< スラムダンクのその後 カートゥーンの娘 >>