ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

NBAファイナル05

今日はバスケに興味のある方のみご覧下さい。

d0059577_12544139.jpgついに決着したNBAファイナル。
第4戦が終えた時点で勝敗こそ2-2だったが内容はひどく退屈なものだった。
どちらが勝つにしても4戦全て大差の試合展開だったために序盤で勝負が見えてしまい熱中することはできなかった。
しかし第5戦から第7戦まではうって変わって好ゲームとなった。
いや、好ゲームどころか非常に白熱した素晴らしい試合だった。
結局2004-2005シーズンのNBAを制したのはスパーズ。


実はプレーオフが始まった時点でスパーズ×ピストンズでスパーズ優勝を予想していた。
のだが、予想したもののできるならスパーズ×ヒートもしくはサンズ×ピストンズという攻撃型バスケットと守備型バスケットの対決が見たかった。
プレーオフの性質上、それと経験の差で東西の攻めるバスケットは敗れたのだが。
ヒートの方はウェイドが怪我さえしなければ、との思いもあるがスパーズの強さを見る限り彼らがチャンピオンシップを勝ち取れるチームだとは思えなかった。

NBAファイナルで顔を会わせた両者は前年の王者と一昨年の王者。
しかしプレーオフでのシード順位は共に2位。
レギュラーシーズンではサンズとヒートが躍進し東西の1位シードを得たためだ。
2位のチームたちが1位のチームたちを打ち負かし優勝したという事実はなんとも興味深い。

スパーズもピストンズも王者を決めるに値する素晴らしい試合を繰り広げた。
どちらが勝ってもおかしくなかったと思う。
3つ目のファイナルMVPを獲得したダンカンはこれで偉大な先達と肩を並べたことになる。
現役最多となる6つ目のチャンピオンリングを獲得したオリーもやはりここぞという時に大仕事をやってのけた。
パーカーやジノビリはもはや祖国の英雄であろう。

これでNBAは半年間のオフシーズンに入る。
NBAに挑戦する選手はこのオフの間が勝負となる。
区切りがついたからこそ始まるものがある。

それではまた11月に会いましょう。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-06-25 12:57 | スポーツ
<< Dilemma スラムダンク~10デイズアフター~ >>