ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

最高に、ぽこちん

数日前の話だが授業中にふと「ぽこちん」なる単語が脳裏をよぎってからクスクスと笑いが込み上げ、止まらなくなってしまった。
一体いつぶりだろうか、こんな言葉を認識するのは。
そしてこのぽこちんという音の響きの気持ちよさは何なんだろうか。

ご存知の通りちんちんを意味するこの言葉、しかしきっとちんぽこという単語の方が先にデビューしたであろうことは想像するに易しい。
ちんぽこちんぽこちんぽこちんぽこぽこちんぽこちんぽこちんぽこちん。
…なるほど。

ちんぽこっていうのはスゲー分かる。ちんちんの「ちん」が変わらず主張しているから。
けどぽこちんって何だ。もはや「ぽこ」が「ちん」を飲み込んで主張しだしているじゃないか。
どうにもこの音の響きに魅せられてしまったのでこれは意識改革が必要だと思いぽこちんという言葉の意味をちんちんから切り離す必要があると考えたのです。

まず「ぽこちん」と発音してみてその音の可愛らしさを確認。
新しいぽこちんの意味の方向性は可愛らしさ、愛らしさであるべきだと感じる。
元の言葉が名詞として使われているためそこは尊重し、男女問わずその人の可愛らしさを主張する部分、いわゆるチャームポイントを指せばいいのではないかと仮決定。
そして具体的使用例を考える。

・あの子のぽこちん見ーっけ
・私のぽこちんは鎖骨です
・君も早くぽこちんを確立したまえ

完璧だ。
また変則的に動詞の活用も作りたい。

・君の今の表情はすごくぽこちんしてるよ
・それでは彼に1分間ほどぽこちんしてもらいましょう、ぽこちんぐたーいむ

よし、決定。



こうなれば一般レベルにおける浸透も時間の問題。
先回りして応用編も用意しなければ。

・甘え系ぽこちん―――甘えることでぽこちんを表現する人
・美脚系ぽこちん―――甘え系同様、ぽこちんのタイプの区別に
・PC革命―――ぽこちん革命、自分のぽこちんを新たに開拓すること
・ぽこちん荒野―――まだ自分のぽこちんを確立できていないこと、またその人
・ぽこち100%―――自分の持てるぽこちんを最大限に発揮している状態
・カマぽこぶる―――実はぽこちんを持っているがいざという時のために隠している状態
・ぽこちーん―――かんぱーい、の代わりに
・ぽこリスト―――自分のぽこちんにとことん自信を持っている人
・ぽこスパイヤ―――他人のぽこちんを参考にし、自分のものに活かすこと
・ヴぁーり・ぽーこ―――どんなタイプのぽこちんでもOKな人
・ぽこちゃった結婚―――お互いのぽこちんが決め手となった結婚



…徹夜明けで妙にハイだったのよねぇ。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-07 16:40 | カルチャー
<< 言葉の独り歩き life is... >>