ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

心に残ったキャッチフレーズ

今日はもう1つ記事あげます。

年末ということで何かとこの1年を振り返る機会が多いですが、テレビや広告のキャッチフレーズで良いな、と思ったものを紹介したいと思います。
ちなみに全てスポーツメーカーさんのものです。



impossible is nothing(不可能なんてありえない)
アディダスの広告に使われた文句。これは良かった。原文はもっと長いのですがインパクトがあったのでこの部分だけ引用します。「俺には才能がない」と言い切れる程努力できる人間がいったいいくらいるだろう。


I am what I am(俺は俺)
こちらはリーボックの広告に使われた言葉。NBA選手のアレン・アイバーソンのポスターに書いてあったこのフレーズを見たときはシビれました。そういえばアイバーソンは「試合は試合」、「バスケットはバスケット」といった言い回しをよくするのでもしかしたらこれは彼自信の言葉なのかもしれない。


そして最後に

死ぬほどうまくなりたい
ナイキ(もしかしたらナイキジャパンのみ)で使用されたフレーズでバスケット雑誌に毎月のように載っていたことを鮮明に覚えています。最もシンプル、そして最も明快。何も言うことはありません。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-22 14:23 | 言葉言語
<< 2005年の終わりに ここ最近思うことを皮に包んで >>