ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

炒飯男

関東のとある地域にあるあまり忙しくないラーメン屋、"ゼファー・ラーメン"。
そこで働く男はこの店で何年もラーメンを作り続けている。
男はアルバイトの中では一番の古株で腕前もなかなかのものだった。
しかし彼が作りたいのはラーメンではなかった。
彼はチャーハンが作りたかった。
「チャーハン…チャーハン…」
呪われたようにブツブツと唱えても注文はいつもラーメン。
もう限界だった。
誰かに自分のチャーハンを食べてもらいたい。
そして一言「おいしい」と言ってもらいたい。
男は決意する。

「そうだ、京都行こう。」



というワケで何日か京都に行ってきます。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-01-04 23:02 | 雑記
<< cymbalsは「ちょっとダサ... 2005年の終わりに >>