ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

帰国していた間に感じたこと

・「ええっ!?」と目を丸くしたのは地元の駅へ行った時だ。
大胆大幅改装に加え駅ビル(これは共通語かしら?)も拡張。
慣れれば随分と便利に進化したものだがもはやあれは昔から馴染んできた故郷を代表する駅ではなくなっていた。
物事の変化に保守的になるのは歳をとった証拠ですか?


・「うーん…」と苦笑したのは世話になっている人に会った時だ。
僕がまだ高校生だった頃からの付き合いの少々年上の男性と再会し、夕方フジヤでお茶をした。
隣のテーブルには20歳前後の女性6人グループ。
コソコソと何やらこちらを見ながら話している。
アディダスのジャージを着て派手なスニーカーを履き、フジヤのケーキに舌鼓を打つ男二人。
誤解される条件は揃っていた。


・「ズッキュゥーンッ!!」とヘンな汗が飛び出してきたのは兄が働く表参道の美容室に遊びに行った時だ。
閉店後のお客さんのいない状態のお店に入り目につくスタッフの方々にご挨拶。
二言目に言われたことは忘れられない。
「ブログ見てるよ、ぽこちん、ぽこちん。」
血の気が引いた瞬間だった。いや、高潮していたか?
どうやら大体のスタッフの方がこのブログをご覧になっているようだった。
・・・穴があったら飛び込みたかった。


※ぽこちんに関しては少し前の記事を参照下さい、と言っておきますが本当はあんな記事を改めて読んで欲しくありません
[PR]
by zephyr_garden | 2006-01-27 11:13 | 生活
<< JETTERs NIGHT i... cymbalsは「ちょっとダサ... >>