ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

イエローバナナの劣等を奏でる

小学校からの本格的な英語教育の取り入れが検討されているとかいないとか。

検討、するな。
そんなに英語を教育してどうするというのか。
英語のために削られるであろう教科しゃかい、どーとく、おんがく、たいく、ずこうたちはどう埋め合わされるのか。
英語以前に日本語をしっかり教えておくべきだ。

イングリッシュを教えにきたボブたちによって強姦される日本人学生(女学生に限らず)の数は爆発的に増加し、横文字を覚えるのと引き換えに癒えることのない傷を負うはめになる。
家族を日本に呼び寄せる連中も出てくるに違いない。
そして退職金を得たら故郷ジョージアでとうもろこし畑をながめて暮らすのだろう。
こうしてyenは海を渡るのだ。

また天狗っ鼻たちに学校を追われた元英語教員たちの行く末の候補はこうだ
・邪教に入信、同級生をファミレスに呼び出し勧誘
・邪教に入信、同級生に不思議な壺を売りつける
・邪教に入信、奇妙な集団行動でワイドショーを賑わす
・集団暴徒化、外国人教員とことん狙われる
・集団暴徒化、文部省に人糞が送りつけられる
・集団ホームレス化、ホームマートのビニールシートの売り上げが過去最高に
・廃人化、返事がない、ただの屍のようだ

そもそも英語なんぞ数学と同じくらい使う機会はないのだ。
自分のいる国も認識せずに平気で英語で場所を尋ねてくる阿呆に何回出くわすというのか。
ただでさえ海外留学に出る日本人の数は右肩上がり、勉強したいやつは勝手にその道に進むということである。
それなのに彼らをさらに英語に近づけることのどこにメリットがあるのか。
みすみす優秀な人材の卵を輸出しているのである。

英語のできるビジネスマンを育てる前に、「馬鹿丸出しの若者言葉ばかり発しているけど本当はキチンと話せる」ガキを育てよ。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-07-14 10:43 | 言葉言語
<< わたしを野球につれてって 英語教育のバッポンテキ改革を叫ぶ >>