ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

わたしを野球につれてって

d0059577_179747.jpg野球のグローブが好き。

スペシャリストの為のスペシャルな道具という感じがむしゃむしゃ伝わってくる。
飾り気が無く、機能第一に造られておいておきながらも、これほどまでに見た目に美しいものはそうはないと思う。
使い古されながらもしっかりと革の手入れが施され、内側にボール一個分の跡がぽこっとついているグローブなどを見るとため息が出る。
一つ一つが職人の手作業によって造られている点も素晴らしい。
平気で1~3万円で売られているのにも納得がいく。
さらに特筆したいのはその形が何十年もの間ほとんど変わっていないということ、既に完成されているということだ。
発展途上だった時代に造られておきながら現代テクノロジーを持ってしてもほとんど改良の余地ナシというのはなんだかそらおそろしくさえなってしまう。
機能に宿った美しさが、それにはある。



傘にも野球用グローブと同じ美しさがあると思う。
折りたためるようになったり、ボタンで開けるようになったりというマイナーチェンジのみ、根本的には何も進化していない。
大衆食堂にあるプラスチックの重ねられるコップも好きだ。
あれもこれ以上の進化はせず、しかし淘汰されることなく使われ続けるんだろう。

ああ野球してぇ。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-07-17 18:03 | スポーツ
<< シロ、宇宙一の蹴り持ってる イエローバナナの劣等を奏でる >>