ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

わたしをアメリカにつれてって!~それぞれのアメリカ~

「来年あたりにアメリカに留学しようと思ってるんだよね」
「今までアメリカなんて国、全く興味がなかったんだけど、自分が影響されてきた人やカルチャーを見つめてみるとどれもアメリカの息がかかったものばっかりだったんだよ」
「そういう人たちにはその人たちにとってのアメリカっていうものがきっとあるんだろうなって、そう考えたら突然アメリカが気になってきてさ」
「あー、俺も自分のアメリカを創りたい、って」

数週間前の旧友からのメールにはこんなことが書かれていた。
彼とは中学時代に同じ釜の飯を喰った仲間(なんて古い表現だ!)で、現在も親しい間柄だ。
普段は実におっとりした物腰で、"何を考えているかワカラナイ奴"なんてイメージを持たれているであろう彼だが、彼の発する言葉には不思議と真実を感じる。
アメリカのことを「近いようで遠い国だからなぁ」とも言っていたが、僕が留学する直前にも同じこと言ってくれたのを彼が覚えているのかどうかは分からない。

そんな彼が急遽来月遊びに来ることになった。
アメリカ留学の序章だ、といっても遊ぶだけだけど。
元々留学前に一度渡米してみようと思っていたらしく、それなら僕の夏休みに合わせて近いうちに来てしまえ、と誘ったのだ。
その誘いの2週間後には航空券を買ってしまう決断力と行動力には惚れ惚れしてしまう。

この夏はもっともっと赤くなる。
僕は高い生産性を持ち、同時に優れたアウトプッターである彼からさらに色々なことを引き出し吸収するだろう。
誕生日プレゼントをもらう時のあの気持ちだ。
つまり、わくわく。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-07-22 18:15 | 雑記
<< 現代ティラミス~私をハイにしてっ!~ わたしを海につれてって!~彼女... >>