ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

はじまりのきっかけは別れを告げず

今からどれくらい前のことだろう、
1年半?
それとも2年?
まぁ、それくらいのはずだ。

僕は、おそらく、「イアン・ブラウン」か「フィッシュ・ボーン」という言葉で検索していた。
そしてたどり着いたのがソレだった。
セックス・ピストルズのイメージスキン、黒い背景、反ロックと言う名のロックンロール。
書かれていた内容は音楽、時事、生活、考察、昔話、創作話、そして時々、想いをよせる女性の話、反ロックと言う名のロックンロール。
それがブログというものだと僕が認識するのには少し時間がかかったが、僕はとにかく端から端までそのページを読んだ。
彼の文章には人、少なくとも僕を惹きつける魅力があった。
毒があった、嘆きがあった、そして時々真実のようなものがあった、反ロックと言う名のロックンロール。

そのブログが少し前に何の前ぶれもなく消えた。
htmlのロックンロールは死んだ。

半年以上更新が途絶えていたのでブログの削除自体には別段驚きはしなかったものの、もう彼の文章が読めなくなってしまった事実は僕を大いに落胆させた。

彼にはもっと音楽について語ってほしかった。
酔った勢いでもっと愛を叫んでほしかった。
人間の醜い部分ともっともっと四つに組んでほしかった。
ロックンロールはhtmlから姿を消した。

僕に最も強い影響を与えたブログにもう一度出会えることはないだろう。
ロックンロールは死んだのだ。
そしてこれは僕にできるささやかなトリビュートである。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-10-18 13:20 | 雑記
<< 幸せなら手を叩こう~檻のような... something not a... >>