ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

2006年を総括する試みその四~それも毎年のことよ~

さあ2006年は何が話題になり、誰が砂漠の砂のように消えて散ったか。

◆近年、僕は眼鏡ボーイなので眼鏡そのものに注目が集まったのは悪くなかった。
ただその中で「時東ぁみ」とかいう何て発音するんだこのボケな女が眼鏡キャラで売り出し、水着の時でも眼鏡着用してたり頼まれようが意地でも眼鏡を外さないというワケのわからんスタンスには呆れた。このブスが。
一方で「眼鏡かけとけば男は喜ぶんだろう」といった安易で下卑た企みが様々なメディアに蔓延し、眼鏡かけてる意味ねーだろっていうほどずり下げてかける連中や、セックスをする時でも眼鏡を外さないビデオも増えた(と思う)。
まぁ別に僕は眼鏡をかけた女性が好きってわけでもないからどうでもいいけど。

◆ハードゲイの人は結局僕は一度もお目にかかることなく終わることになりそうだ。
youtubeでいくつか彼の動画は見たが、明らかにゲイじゃないのにゲイって名乗ってていいのだろうかなんてことを心配してしまって全く笑えなかった。
ていうかお前ゲイの本当の恐さを知らねーだろう。
俺は女性が痴漢被害に遭う恐ろしさを理解してるんだよ。
本当に恐ぇーんだよ、声も出ねぇーんだよ。
一遍黒人に襲われてこい、もし生き延びられたならいくらでもその芸続けろ。

◆あれだけ騒ぎになればこっちにも声が届くよ、ボクシングの八百長親子。
日本ランカーと一度も戦わずに、公式戦0勝とかのタイ人血祭りにあげて結局世界王者になっちゃった。
そしたら今度は次男ボクサーがついこの前同じことしてんだ。
前回リングに立ったのが20世紀という爺さん捕まえてきて公開リンチ。
当たり前に勝って(買って)おいて「うおー!」ってお前。
一時期はどの新聞からもヨイショされてたものの、長男が世界王者になったあたりから掌返されちゃっていつの間にか味方してくれるのはスポーツ紙だけ。
モハメド・アリに憧れてるのか知らないけど、ビッグマウスだけ真似てどうする。
辰吉にさえ遠く及ばないのにね。
一つ同情するなら本人は一所懸命ボクシングやってるのに頭のおかしい親父やらスポーツを食い物にするあのテレビ局に操られてしまってるところか。
日本人とやってみなって。

◆中田や新庄と日本スポーツ界のビッグネームの引退が大きく報じられていたが僕にとって最も感慨深かった2006年の引退は紛れもなく議員レスラー馳浩(はせひろし)だった。
深夜にテレビをつければ今夜も相手をグルグル回していた馳。
時代遅れのビキニとニーパッドがダサいけど似合っていた馳。
不器用なストロングスタイルで闘い続けていた馳。
そんなあなたが好きでした、本当にお疲れ様。
タイゾーの教育係なんぞに名乗り出て未だマイクパフォーマンスしたがってるどっかの議員元レスラーは馳の靴でも磨いてこい。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-12-31 22:00 | 雑記
<< 2006年を総括する試みその五... 2006年を総括する試みその三... >>