ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

2006年を総括する試みその六~失ったものと得たもの~

いつかの記事で触れたと思うけれど、二ヶ月程前に草野球チームに入った。
メンバーのほとんどは日本人で、半分は僕と同じカレッジの生徒だった。
新しくできた友達に、さらに友達を紹介されねずみ算的に知り合いの数は増えていった。
今までは大学内で日本人の知り合いが全くいなかったのでそれが突然増えたことに少し戸惑った。
…学食の居心地が悪くなったのだ。
よく見ると学食の中、必ず2,3個のテーブルは日本人で占領されていて、外の喫煙エリアにも数人たむろしている。
彼らのほとんどは日本にある提携校からの編入生だったり、付属の語学学校からの生徒だったりで、小さな自治会のようなものらしい。

中途半端な知り合いが急増したせいでなんだか落ち着かなくなり、今までのように次のクラスを待つ間学食で読書をする習慣が楽しめなくなっていた。
自分が気にするほど彼らは僕を気にしているわけはないのだが、嫌でも耳に入ってくる日本語は意外に気になるものだった。
彼らと知り合う前はどうして全く気にかけずにいられたのだろうか。

それでも野球を実際にプレーできる機会を得られたことと、数人の素晴らしい新たな友人ができたことは大きかった。
それだけ考えても入って良かった…のだと思う。

小さなコミュニティに対して、これからもきっと従順にはなれないのだろうけど。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-12-31 23:24 | 雑記
<< 2007年最初の声を届ける試み 2006年を総括する試みその五... >>