ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

まん延するPOP

「ねぇアレは何なの!アレで読みやすくしてるつもりなの、彼らは」

「おそらくは、そうだよ。彼らなりの工夫というやつなんだろう」

「ねぇ、工夫というのは物事を良い方向へと導くための努めを言うべきじゃないかしら。わたしはアレを工夫と認めることはできないわ。だってみんなが揃って右へならえしてるだけじゃないの。」

「君の言うことも一理ある。けれど僕らが実際目にするように、多くの人がそのスタイルを追うということは、そのやり方が支持されているってことなんじゃあないかな」

「ねぇわたしが言ってるのはそういうことじゃないのよ。問題は、『彼らはわたしたちに一体どれだけスクロールさせれば気が済むのか』ということなのよ。ねぇわかるでしょう、果汁30%のオレンジジュースは100%のオレンジジュースを単純に薄めたものじゃあないのよ」

「僕だって最近のそういった傾向は苦手だ。ページを読み込みながら、右のスクロールバーがどんどん縮んでゆく様を見てげんなりすることもあるよ。もちろんその文章が長い、ということではなく、実際は逆だからこそ、という意味だよ。テキストサイト、ブログ、SNS、はてはメールマガジン…媒体はいくらでもある。僕らはそいつらと上手く折り合いをつけて付き合っていかなければならないんだよ。さもなくば『嫌なら見なければいい』なんて言われてしまうんだ。わかるだろう」

「あなたの言ってることは分かるわ。わたしも、この風潮が一過性のものなら黙っているわ。けれど、既にまん延したこのスタイルが廃れ、寂れ、忘れられる時が来るのかしら。人は文を書き続けるわ。そして100%でもなく、30%でもないオレンジジュースは生産され続けるの」

「そんなに悲観的になるのは良くないよ。思うにそういった文章のほとんどは普段本を読まない人たちが書いているんじゃあないかと思う、基本的にはね。君もそのテのスタイルと付き合い続けなければならない理由はないだろう。嘆くのはハードカバーさえもがそのスタイルになった時でいいじゃないか、とりあえずは」

「ねぇ、あなたはいつも正しいことを言うわ」

「正直なところ、なるべく早く君の気分を良くして食事にしたいんだ。そのためなら僕はアリストテレスさえも持ち出して説得にかかるよ」

「まあ大げさな人ね。たかが文章のスタイル一つに哲学を持ち込むなんて。でもいいわ、食事にしましょう。今朝ピザハットのクーポンが入ってたから電話で注文しましょう」

「おいおい冗談キツいぜセニューるー」
[PR]
by zephyr_garden | 2007-05-29 18:46 | 雑記
<< ここ最近困ったこと~ネガティブ... New G-Star Raw >>