ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

ドラゴンクエストのおもいで

初めての出会いは僕がまだ小学校に入る前、兄がしていたのを横から見ていたファミコン版ドラクエ4だった。
戦士ライアン、おてんば姫のアリーナに振り回されるブライとクリフト、商人のトルネコ、踊り子マーニャと妹の占い師ミネア、そして天空の血をひく選ばれし者、勇者。
勇者がすごくかっこ良くて、アリーナがすごく強くて、見てるだけで楽しかった。
でも難しそうだから自分でやろうとは思わなかった。
ドラクエの主人公には決まった名前が無いから、兄は自分の名前を主人公につけていた。
逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、で全部会心の一撃。
デスピサロが何回も変身するのはちょっと恐かった。

ドラクエ5が出たのは僕が小学校に入ってからだった。
敵のモンスターを仲間にできるっていう新しいシステムに興奮して、戦闘が終わる度にモンスターが起き上がるのを期待してた。
兄は4つあるベビーパンサーの名前の候補からボロンゴという名前を選んでいた。
主人公が大人になると、結婚して子供が産まれた。
兄は産まれた男の子に僕の名前、女の子に妹の名前をつけた。
男の子が成長すると、実はその子が伝説の勇者の子孫だと分かった。
ドラクエ4で兄が装備した天空の剣や鎧は、5で僕が装備した。
相変わらず最初は見てるだけだったけど、しばらくして自分でもやってみた。
だから別の意味で5が僕にとって初めてのドラクエでもあった。

楽しかったドラクエのおもいで





と、ドラクエの音楽のオーケストラ版を聴いて思い出した。
僕は実は昔いわゆるFF派だったのだけれど、今では完全にドラクエ派だ。
ドラクエの魅力はあの音楽ナシには語れない。
あまり覚えていなかったはずのドラクエ4だって、戦闘の、特にボス戦を耳にしただけでまざまざと蘇ってきた程だ。
キングレオ戦は燃えた、と思う。タブン。
2章のアリーナのテーマもはっきり覚えているし、トルネコはダンジョンシリーズで定番化されているのでもちろんだが、エスターク戦の音楽も聴けばつい「あああー」なんて声を上げてしまう。
マーニャ&ミネアのジプシーダンスも最高だ。
youtubeでも見つかったので紹介しておこう。
すぎやまサンにはぜひ長生きしてもらいたい。
ちなみに括弧書きが無いものは全てロンドンフィルによる演奏。

・ライアン→アリーナ→トルネコ→マーニャ&ミネア
http://www.youtube.com/watch?v=_V_6bSLNnHE

・城のテーマ
http://www.youtube.com/watch?v=PikHTdthfx0

・街やカジノとかのテーマ
http://www.youtube.com/watch?v=ZrqP2D7IdK0

・ボス戦→エスターク戦
http://www.youtube.com/watch?v=HJnByZFypR4

・実機でのプレイ動画(ゲーム音源まま)
http://www.youtube.com/watch?v=Tl7ugQf3uoc

こんなん聴いていると冒険に出かけたくなるなぁ。
[PR]
by zephyr_garden | 2007-07-20 17:06 | 雑記
<< ネタいがいの なにものでもない >>>>... >>