ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

【ニュース】75億光年の彼方で星が爆発、肉眼でも観測

75億光年の彼方で星が爆発、肉眼でも観測

ワシントン(AP) 米航空宇宙局(NASA)は20日、地球から肉眼で観測できる物体としては最も遠い距離にある恒星の爆発を観測衛星がとらえたと発表した。

爆発した巨大星はこれまで知られていなかった銀河系にあり、地球からの距離は75億光年
「宇宙の果て」までの距離の中間地点に位置するという。爆発で放出されたガンマ線が
19日に初めて地球に到達し、NASAのスウィフト衛星が午前2時12分にとらえた。

爆発の光は非常に明るく、肉眼でも見えるほどだったという。これまでの記録によれば、
肉眼で見えた物体の地球からの距離は250万光年が最長だったが、75億光年はこれを大幅に上回る。「これほど遠い所にありながらこれほど明るいものは見たことがない」
とNASA職員は話している。

爆発が起きたのは、宇宙ができてから現在までの年月の半分に満たず、地球もまだ誕生していない75億年前。爆発前の星は、太陽の約40倍の大きさに膨れ上がっていたという。爆発で、近くにあった惑星は蒸発した。

しかし、この輝きが観測できたのは1時間足らずだったため、天体観測で見つけたという報告は寄せられていないという。

(ソース:http://www.cnn.co.jp/science/CNN200803220005.html)


もうね、あほかと。
話の次元が違いすぎて思考回路はショート寸前です。

>爆発した巨大星はこれまで知られていなかった銀河系にあり
新しい銀河が見つかっちゃった。

>地球からの距離は75億光年
これもどうやって導き出したんだろう。

>「宇宙の果て」までの距離の中間地点に位置する
「この文章は嘘である」級のパラドックス。

>宇宙ができてから現在までの年月の半分に満たず
中間地点とか半分とか簡単に言うけれどもさぁー!

>爆発で、近くにあった惑星は蒸発した。
地球の末路である。
しかし「蒸発」て。

以上ツッコミどころ満載ニュース。
地球ができたのが45億年前として地球が誕生して恐竜がジュラシックして寒い時期がきてご先祖様がウホウホしだして米とか造りだして刀で武装して海の向こうに気がついてミサイルとか開発してもはや戦後ではないのだとして海を渡って大学に行きだして夜のカリフォルニアでコーク飲みながら電脳世界でメッセージを発信した30億年前にはもうその星は爆発してたったことでいいですか?
つまりその光および映像は過去のものでありじゃあもしも光と同等のスピードでその星とは逆方向に移動し続けたとしたらいつまでも爆発が観察できるってことですか?

もういちいち言語化するのもはばかる。
でも最後にもう一つだけ驚いたこと。

>肉眼で見えた物体の地球からの距離は250万光年が最長だったが、75億光年はこれを大幅に上回る

肉眼スゴいな。
[PR]
by zephyr_garden | 2008-04-17 17:11 | 雑記
<< なにもない しにかるにめたふぁー >>