ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

st.anger

<日本語の語彙力>私大生の19%「中学生並み」
今日は怒ってますよ、ワタクシ。
とりあえず上のニュースに目を通して頂きたい。
なかなか衝撃的な記事だ。
さぁどうする文部省、いや、私立大。
これはもう無視できねぇだろう。
山ほどある(んでしょ?)私立大から調査対象になったのはわずかに16校ってことだからきちんと統計を取ればまた違った数字になるのかもしれない。
ってそういう問題じゃあねぇ。

彼らが社会に出るのだ。
19%の内の何%が新卒で働き出すだろうか。
「そういうやつらは社会に出てから恥をかくのだから放っておけばいい。」
そうじゃねぇよ。
その恥をかく連中に迷惑をかけられる人間が必ず出てくる。
店員、取引先、電話窓口などに問い合わせても話が通じない。
相手の話していることが筋が通っていない。
考えただけでも恐ろしい。

”大学生は分数の足し算ができない”
冗談か本当かは知らないが(恐らく本当だろうが)その理由は使わなくなってしまったからに他ならないだろう。
でもこれは日本語だぞ?
母国語だぞ?
毎日使ってんだぞ?

もはやゆとり教育について議論することに意味は無い。
授業も満足に受けられない日本語力を持った生徒が卒業できてしまう腐った大学制度に焦点を当てろ。
英語の授業時間の半分を国語に当てろ。
いくら英語ができたところで母国語が操れなければ何の価値も無いはずだ。
そして大事なのは”何ヶ国語話すか”ではなく”何を話すか”であるはずだ。
本を読ませろ。
公の場で弁論させろ。
学生のうちに恥をかかせてやれ。
取り返しのつく内に。

そして誰かこの19%の連中はどうやって大学に入学したのかを明らかにせよ。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-06-08 18:04 | 言葉言語
<< ギブミー・チョコラータ 眠れる奴隷 >>