ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

久々に漫画の話~アスクレピオス~

d0059577_2341929.jpg気合入れて長文書こうと思ったんだけど途中で面倒になったんでヤメ。
「アスクレピオス」はちょっと前までWジャンプで連載してた中世舞台の医者の漫画。
詳細はwikipedia(アスクレピオス)でも目を通すこと(アンサイクロペディアでもいいよ)。
まぁ簡単に言うとロザリィかわいい。

同時期に連載開始した「チャゲチャ」が史上最速打ち切りになってから
次はこの作品だと言われんばかりにあれよあれよと掲載順位が落ちてっちゃった。
確かに序盤の出来はイマイチ、というかヘタレな主人公イラつくな展開だったから無理もない。
猫に興奮して馬車にひかれそうになったり
普通に歩いてて崖から落ちたりとかぼっちゃまヒドイっス!

そもそもWジャンプで医療漫画ってのが無理があるんだよなぁ。
と、誰もが思ってた。
僕も思ってた。

でもおもしろいんですよ。
おもしろかったんですよ。

作者の内水先生はベテランなだけあって画力は申し分ないし
張られた伏線を見ていてもけっこう作り込まれていたのが伺える。
打ち切りなだけに回収されなかった伏線もいくつかあるのだけど
締めが見事だったんで相対的に好意的な意見が多かったみたいだし。
打ち切り決まったのにばら撒いた伏線回収しようともせずに
「うそっぱちでしたぁ~ん」で終わらせちゃったWアッー!よりずっと漫画に対して真摯だよなぁ。

で、この作品のどこが魅力的だったかっていうと
主人公ぼっちゃまの成長していく様とか
トンデモ手術展開とかじゃなくて
画力だったんじゃないかと。
ロザリィかわいかったんじゃないかと。
一枚絵が素晴らしかった。
駆け足で展開されるクライマックスと対照に
扉絵で展開されるぼっちゃまとロザリィが和みまくった。
釣りをしたり歩きながらおしゃべりしてる二人がすごく…良かったです。
と思ったら同じことがばっちりアンサイクロペディアに載ってて笑った。
やっぱみんなそこが好きだったのね。

以前ジョジョの荒木先生が「キツい展開ばかり続くとどこかでハメを外したくなる」
みたいなことを話していたけどあの扉絵たちも同じ根幹があったのかもしれない。

アスクレピオスの理解者のローラさん、二人をかばって太もも砕かれる

手術させろー治させろー

友達のパレ殺される(同じ頃ネウロの笹塚さんも殉職する)

ぼっちゃま「僕は逃げます」

うん、きついよね。
でも物語後半は本当に楽しみにしてたよ。
成長したぼっちゃまの大ゴマは本当に見事だったし
最終話の扉絵は「jpgでくれ」って言いたくなるほど素敵でした。
長い髪の方ガ似合っていル…

それと巻末コメントで同誌で連載中の「いぬまるだしっ」の大石先生とのラブラブぶりがおもしろかった。
大石「内水さん、銀リオレウスの弱点属性何でしたっけ?倒せなくて困ってるんです<浩二>!!」
内水「銀レウスはね、強い鎚で気絶させてハネを叩くといいよ!!…ってコレ最後のコメン<融>」
連載打ち切りの週の巻末コメントがこれだよっ。
他にも巻末で二人がやり取りしてることがあって漫画以外の部分でも楽しませてもらったわ。

内水先生はジャンプで3度目の打ち切りなんで俗に言うバイバイジャンプですね。
本誌復帰はたぶん難しいけど読みきりの評価はいつも高いし
画力も素晴らしいんで今度は月刊誌で連載してほしいなぁ。
しかしもうロザリィに会えないってのは残念だぁー。

ちなみにコミックス2、3巻は4月3日同時発売っス!
これは買いっスよ!
[PR]
# by zephyr_garden | 2009-02-21 22:53 | 雑記

なにもない

ジャンプの感想でも書くか…。
いやまさかなぁ。
[PR]
# by zephyr_garden | 2008-11-05 00:15 | 雑記

【ニュース】75億光年の彼方で星が爆発、肉眼でも観測

75億光年の彼方で星が爆発、肉眼でも観測

ワシントン(AP) 米航空宇宙局(NASA)は20日、地球から肉眼で観測できる物体としては最も遠い距離にある恒星の爆発を観測衛星がとらえたと発表した。

爆発した巨大星はこれまで知られていなかった銀河系にあり、地球からの距離は75億光年
「宇宙の果て」までの距離の中間地点に位置するという。爆発で放出されたガンマ線が
19日に初めて地球に到達し、NASAのスウィフト衛星が午前2時12分にとらえた。

爆発の光は非常に明るく、肉眼でも見えるほどだったという。これまでの記録によれば、
肉眼で見えた物体の地球からの距離は250万光年が最長だったが、75億光年はこれを大幅に上回る。「これほど遠い所にありながらこれほど明るいものは見たことがない」
とNASA職員は話している。

爆発が起きたのは、宇宙ができてから現在までの年月の半分に満たず、地球もまだ誕生していない75億年前。爆発前の星は、太陽の約40倍の大きさに膨れ上がっていたという。爆発で、近くにあった惑星は蒸発した。

しかし、この輝きが観測できたのは1時間足らずだったため、天体観測で見つけたという報告は寄せられていないという。

(ソース:http://www.cnn.co.jp/science/CNN200803220005.html)


もうね、あほかと。
話の次元が違いすぎて思考回路はショート寸前です。

>爆発した巨大星はこれまで知られていなかった銀河系にあり
新しい銀河が見つかっちゃった。

>地球からの距離は75億光年
これもどうやって導き出したんだろう。

>「宇宙の果て」までの距離の中間地点に位置する
「この文章は嘘である」級のパラドックス。

>宇宙ができてから現在までの年月の半分に満たず
中間地点とか半分とか簡単に言うけれどもさぁー!

>爆発で、近くにあった惑星は蒸発した。
地球の末路である。
しかし「蒸発」て。

以上ツッコミどころ満載ニュース。
地球ができたのが45億年前として地球が誕生して恐竜がジュラシックして寒い時期がきてご先祖様がウホウホしだして米とか造りだして刀で武装して海の向こうに気がついてミサイルとか開発してもはや戦後ではないのだとして海を渡って大学に行きだして夜のカリフォルニアでコーク飲みながら電脳世界でメッセージを発信した30億年前にはもうその星は爆発してたったことでいいですか?
つまりその光および映像は過去のものでありじゃあもしも光と同等のスピードでその星とは逆方向に移動し続けたとしたらいつまでも爆発が観察できるってことですか?

もういちいち言語化するのもはばかる。
でも最後にもう一つだけ驚いたこと。

>肉眼で見えた物体の地球からの距離は250万光年が最長だったが、75億光年はこれを大幅に上回る

肉眼スゴいな。
[PR]
# by zephyr_garden | 2008-04-17 17:11 | 雑記

しにかるにめたふぁー

・ライフログ設定しようかなぁ
・アフィリエイトじゃないから収入はないけど
・あ、エキサイトもアフィリエイトOKになったんだっけか
・アフェうまー、か
・キューバッ!
・成長期の予感ッ…
・食わず嫌いしてすいませんでした>ROSSO
・かっこいいです、ええかっこいいですとも
・俺が注文したのはタコスじゃあなくてブリトーなんだぜ
・今まで食べたパンの枚数は覚えておりません
・髪が伸びた
・キューバ!キューバ!
・ボールペン字講座受けたいなぁ
・明日はテストだ
・今夜がやまだ
・キューバ!キューバ!キューバッバッ
・ゲシュタルト崩壊歓迎何度でも言おう
・ごめんなさいね、こんなんで
・病む病むキュー
d0059577_1559637.jpg
[PR]
# by zephyr_garden | 2008-04-09 15:48 | 雑記

ちょっとの怒りをラップで包んで

「ググレカス」
オンラインにて自分で調べようとする意思を感じさせない稚拙な質問者に対してしばしば投げかけられるネットスラング。
「そんなことわざわざ聞かなくても自分で検索して調べろ(大意)」である。
ヤフー知恵袋、教えてgoo 、sns 、掲示板あたりでの「教えてちゃん」にはけっこう容赦なく飛び交うこのググレカスだが、ことブログへのコメント欄にこの教えてちゃんが顔を出した場合の対処は他と区別せざるを得ない。
コメント欄内のやり取りは他の読者にも公開されているのでむやみにググレカスしようものなら他の読者に悪い印象を与えかねないからだ。
訪問者あってこそのブログなので無駄な部分でそれを失いかねないワードチョイスは避けたいところ。
多くの場合尋ねられた管理人は懇切丁寧に答える、答えざるをえない。

ところが先日巡回したブログで興味深い教えてちゃんのかわし方を取られている管理人がいた。
「おググリください」
正確にはまずキーワードを与え「○○○にておググリください」とした。
あまりに示唆的なこの応答に液晶の前で笑ってしまった。
「ググレカスしてしまうと少し乱暴か、けどこれくらいのことは質問する前に検索すればすぐに分かること。まずは自分で調べなさいってばよ。けどまあここは示しつつも答えておくか」
こんな内面を含んでいたことだろう。
センスを感じさせたフレーズだった。

ネガティブな意味の言葉を無理やり丁寧に表現することで少しの怒りと呆れ、そしてユーモアを一度に示してしまった、脱帽。
ちなみにこの手法は前回の記事で僕も使ってるんですけどね、一応。
けどそれは元ネタがあるし効果的でもなんでもないので評価の対象にすらならないんですわー。
[PR]
# by zephyr_garden | 2008-04-07 13:02 | 言葉言語

【ニュース】スニーカーを年3足以上購入する人、リーダーの素質大=米調査

スニーカーを年3足以上購入する人、リーダーの素質大=米調査

年に3足以上のスニーカーを購入する人たちは、そうでない人たちと比べて、リーダーの素質をより多く持つ傾向があることを示す米調査結果が発表された。

 同調査は、消費者の性格的特性の分析を行うメディア企業、マインドセット・メディアがマーケット調査グループ、ニールセンのオンライン部門に委託し、7500人を対象に実施。

 それによると、年間3足以上スニーカーを購入する人たちは、そうでない人たちと比べ、アイデアやビジョンといった現代のリーダーとしての資質を持っている率が61%高かった。このほか、積極的に自己主張する率が50%、より自発的である率は47%、それぞれ高かったという。

(ソース:http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-31116320080402)

このニュースでわかったこと。

①スニーカーのメーカーは問わない。
②スニーカーの用途も問わない(つまり仕事には革靴を用いているがジムや休日の運動用の購入なのか、ただ単に嗜好なのか)。
③スニーカーが重要なパートを占めるファッション(Bボーイ等)には必然的に"リーダーの資質"を持った人が多くなる。
④このソースの唱える"リーダーとしての資質"とは主に「アイデア」、「ビジョン」、「自己主張」、「自発さ」である。
⑤母数は75h人!
⑥調査はアメリカ!
⑦どうしてスニーカーとリーダーの関係性に着目しやがったのでしょうか。
⑧年間10足近くスニーカーを購入することもあるかもしれない留学生のリーダー的資質についてはどうお考えでいやがりましょうか。
⑨某米大研究チームがオンラインでインターネット普及率のアンケートを取った結果、米国内におけるインターネット普及率は100%とのこと。

そして次のニュースでわかること。

それはまだ・・・・・・混沌の中。

それが・・・・・・ゼファーガーデン!
[PR]
# by zephyr_garden | 2008-04-04 19:10 | カルチャー

今セメの法則

良い出会いは突然だ。
今までいったい幾度「もっと早く出会えていたらよかったね」と言い交わしてきただろうか。
今までいったい幾度「もっと早く仲良くなれていたらよかったね」と言い交わしてきただろうか。
良い出会いは突然だ。

毎セメスターのことだ。
気の置けない友人ができる。
たくさんの良い時間を過ごす。
彼ないし彼らはそのセメスターを最後に卒業・編入してゆく。
毎セメスターのことだ。

人は二度死ぬという言葉と同じように、人は二度出会うように思う。
親しくなれたが二度目の出会い。
今セメスターもぼちぼちファイナルの足音が聞こえてきそうだ。
来セメスターも二度目の出会いがあるだろうか。

でも

とりあえずは

楽しんで

おります
[PR]
# by zephyr_garden | 2008-04-01 12:24 | 雑記

わたしは死なん!何度でも蘇るさ

セメスター・ファイナル突入。
今セメはファイナルらしいファイナルを設けるクラスが少なく、いつもより幾分気が楽だ。
ファイナルが終われば日本に帰れる。
2年ぶりの日本。
どうしてくれようか。
考えるとムズムズする。
笑うな…まだ笑うな…

あ、漫画企画…
記事の途中でセメスター入りしてたのか。
でも今やりたいのは「2007年傑作小説TOP10」だったりする。
2007年が終わるまでにあと何冊読めるか。
日本帰ったら読書ペース落ちるだろうなぁ。
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-12-11 10:16 | 雑記