ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

おしまい

7発のトラックバックにお腹いっぱになったのでキャンペーン終了といたしまーす(いたしまーす)。
しかしこういう企画を設けたことで他のブログを見る良い機会になりました。
一つ感じたのがタイトルは重要だなぁと。
キーワードから検索してブログの内容だけを見ている分には何の問題もないのですが、タイトルだけの羅列から探す時はこれが決め手になりました。
だって「○○の独り言」とか「○○の徒然日記」なんてタイトルのブログはそれだけで内容に察しがつくんでわざわざ見に行くことないですからね。
逆に言えばタイトルが良ければ見てみようかなって気になるもんですね。

ゼファーガーデン・・・うーん・・・まぁいっか。こだわりのある言葉だし。
てことで次回からは普段どおりで。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-29 17:11 | 雑記

ホワイトバンドはどんな色?(7発目)

日々ノ生活さんより

キーワード「偽善」

d0059577_623291.jpgなんか今話題らしいですね、ホワイトバンドっていう輪っかが。
僕はこういった議論は実生活ではあまりしたがらないのですが、トラックバック先のブロガーさんの考えが僕のそれと似ている部分が少しあるのであえて触れてみようかと。
しかもこちらの記事のリンク先がなんと僕が前回書いた記事のリンク先と同じだったのでびっくり。大きいHPなのかしら。

さてホワイトバンドとやらですが正直僕はそのCMを見た事ないし世間でどう認識されてるかも知らないわけですが、初めに立場を明確にするなら僕は「別にいいんじゃねぇ」と。
ん…全然明確じゃねえな。


で、リンク先のリンク先なのですが(分かりにくい)このページ→ホワイトバンド撲滅キャンペーン
ホワイトバンドを売り出してる団体はその売り上げを活動費に充てていて実際に死に行く子供たちへ届くお金は無い、と。
ホワイトバンド・デーなるイベントは単なる金集めでしかない、と主張しているよう。

確かに黒い部分がありそうだわ。
可哀想な子供たちがいるってことを伝えておいてグッズを買わせるにも関わらず、その売り上げは可哀想な子供たちには届かないと。
煽られてホワイトバンド買ったのにその金が寄付に回らないってのはああ哀しきかと。
いくら団体のHPで活動資金集めって言われていても結局は利潤目的なんじゃねーかと、そう思う人たちが出てくるのも当然っちゃ当然か。

でもさぁ、その団体さんたちがこの運動をしなかったら3秒に1人子供が死んでるなんて知らなかったですよ、少なくとも僕は。
それを世に伝えて人々を動かしてるんだとしたらそれはそれで大したことだと思う。
リンク先のブロガー、kokepinさんも書いていらっしゃるが、偽善で何が悪い。


最近大学の食堂に「カトリーナ被害への募金」と書かれた箱があるので、学食を利用した際に何回か財布にあった1ドル札を入れたんです。
「ああ俺は良いことしてる。」と、たった1ドルでそんなことを考えた。
1ドルで自分の満足感を買ったのだ。
最高に偽善。
でも「ああ可哀想に。私にはこんなことしかできないけれど。」と嘆き悲しんでも箱に入れる金額が同じなら結局は変わらなくないか?


個人的に問題だと捕えているのはホワイトバンドの黒い部分よりもそれを暴いて大騒ぎしてる連中が、結局可哀想な子供たちのために偽善さえしていないところ。
ホワイトバンドを撲滅するのが目的でどうすんだってんだよ、撲滅させたらお前らがもっと白い活動するってのか?


ぎゃーぎゃー目くじら立てるだけで動機付けが曖昧な連中に中指を突き立てたい。
そしてたった1ドルで買える自分の安いプライドはかくも哀しきか。
しかし僕はホワイトバンドをつけることはないだろう。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-27 05:20 | 雑記

インスパイアで、一位になる(6発目)

浜崎あゆみのあまりにも壮絶なパクリ画像集(笑)より

d0059577_1448917.jpgたまたま見つけたこのページ。
リンク先は浜崎あゆみのPVと似ているとされている他のアーティストのPVを並べて比較しているようです。
それまで浜崎あゆみの盗作疑惑なんぞ全く興味がなかったんですがこりゃスゴイ。
なにがスゴイってその徹底ぶり。
海外のアーティストの衣装をそのまま着ているかんじ。
それにしてもスタイリストはあんなに似通った衣装を一体どこから調達するのであろうか。

まぁパクリが悪いなんて言いませんよ。
そこから新しい物が生まれるわけだし、模倣なくして進化なんてありえないとさえ思うので。
昔の歌謡曲だってみーんな海外の曲をアレンジしてんでしょう。
見つけたモン、持ち込んだモン勝ちだったわけでしょう。
初めてギター手にした少年はまず好きな曲をコピーすることを目標にするし、数々の偉大とされるアーティストだって誰かしらに影響受けて、それを自分の中で形を変えて表現しているわけでしょう。
ゼロや無から何かを生み出せる人間がそうザラにいるとは僕には考えられない。

なのになんで浜崎あゆみはあんなに叩かれているんでしょう?
あの演出の数々は本当に浜崎自身の意思だけによるものなの?
もし仮にそうだとしても一体何が悪いってんだろう。
「人の真似してるだけであんなに有名もしくはお金持ちになれる」のが羨ましければ今日からマドンナ、ブリトニーといったアメリカンスターに似た服を着れば良い。
いやむしろあれが浜崎あゆみ本人の意思だけによるものの方が良いかもしれない。
J-POPの、いや日本が誇る巨塔レコード会社avex(僕の友人はavexと書いてウンコと読んだ!)に所属している以上彼女は金を産む「商品」でなくてはならないのだから。
既に先頭を走る方法を見失った彼らに残されたやり方がこの模倣だった、という方が本人にとっても気の毒だと思う。
止まることの許されないリードランナーにもはや余所見をしている暇なんてない。
そして日本を動かし続けている10代の女性からも見放されたとき、浜崎あゆみは初めて自分の道を走るのだろう。

最後にこの言葉を

before Elvis, there was nothing――――John Lennon
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-25 14:43 |

5発目

エルメス 入店拒否で平謝り

エキサイトのニュース欄で見当たらなかったのでヤフーから。

d0059577_13374798.jpgアメリカで最も人気と影響力のあるテレビ司会者のオプラ・ウィンフリーがエルメェスのパリ本店で入店拒否されたことが問題になっている。
オプラは今年アメリカのある経済誌で「最もパワーのあるセレブレティ100人」の中でトップに選ばれ、その年収は推定230億円という規格外カネモチ。
また最も成功した黒人女性の一人との呼び声も高い。
なんだか「最も」ばかりだが。

そんな最もな彼女が言うには
「店は閉店の準備をしていたがまだ開いていた。私が断られたのは黒人だから。」
とご立腹の様子。
一方エルメェス側はこれに対して素直に謝罪したが、人種云々については否定した。

アメリカで強い発言力を持つ彼女を敵に回してしまったエルメェス。
終いには
「もう二度とエルメェスでは買い物はしない」
と宣言されてしまったという。



やってしまいましたエルメェスの兄貴
様々なウワサも飛び交っているようですが一つだけ紹介。
どうやら店員は客がオプラだということに気付いていなかったようで。
というのも彼女は髪もセットしていない状態でさらにすっぴんだったそうなんですよ川崎さん。
そして入手しましたオプラのすっぴん画像↓











d0059577_13392362.jpg
                     「ヨー メェーンッ!!」



エルメスの店員さんに同情致します。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-23 13:40 | カルチャー

ちょっと前とここ最近の出来事(八方塞ブルース編)

デジカメが壊れる。
ガソリン代が上がり続ける。
ロスでジャージを置き引かれる。
渋滞で2時間半。
シブタイ。
ミクシィとやらに招待される。
エミュレーターに手を出す。
よこもじ。
紙で指を切る。
高速道路でタイヤが破裂する。
笑顔で乗り切る。
日本人の友達がどっさり帰る。
フィジカル・エデュケーションの授業が難しすぎる。
多いと聞いていたのにクラスに日本人がいない。
というかアジア人がいない。
まぁ、友達もいない。
新品のジーパンを買う。
履いて寝る。
なんとかネウロっていう漫画が面白いらしい。
鏡に映った自分を見て気持ち悪いと思った。
指を紙で切る。
ホッチキスの値段が異様に高い。
携帯電話料金の未払いによるサービスの停止でございます。
年齢をサバよむ。
バーの片隅で猛烈な異臭を放つゴミ箱を発見。
きっとホームレスが住んでいるんだ、と思いきや犯人はビール。
中華料理は、旨い。
栗が、旨い。
メキシコ人っぽいと言われる。
プラスチックで掌を切る。
アメリカ先住民族が営む遊技場へ行く。
ホストがヒップホップとパンクのファッションを同一視している。
アメリカ人ルームメイトの書道の腕が自分のものより格段に上手い。
でも、字が完成してないよ。
ガソリン代が下がり始める。
日本スヌーカー界の大御所が自身のブログで暴露話をしている。

さすがドラゴン。

そこにシビれる。

憧れるぅ。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-22 08:55 | 生活

4発目

フハハハ。

キーワード「iPod nano」
トラックバック先には購入したことが書いてあるだけなので使い心地だとか「こぉーんなに小さいっ」みたいなコマーシャル文句も一切ないのですが、このブログ全体の雰囲気が気に入りました。
20歳くらいの学生の方なんだけど時にそれを思わせないインテリな文と意味不明(というか意味はないのか?)な単語との兼ね合いが俗に言うイーカンジ。
だって新しいマウス買ったって記事のタイトルがマウスゥゥウウゴウゴルゥゥガァァァアハハ。だったりイヤフォンの紹介記事のタイトルがイヤァーンもう(イヤホン)。とかだったり。
ぎゃっはっは!くだらねぇー!
でも面白い。こういうのスキ。

iPod nano~?
ああ、どうでもいいやもう。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-21 16:55 |

3発目

カルチャーショック1:サービス精神の無いサービス業より

キーワード「カルチャーショック」
こちらは上海に出張中の方のブログ。
ホテルで両替を頼んでも金がねぇんだよぉぉっと断られたが、しばらくして外出前に再度頼んだらポンとしてくれたそうな。
しかも一度目と同じ従業員。
同僚の方との会話で断るのは「面倒くせえから説」に決定。
うん、違いねぇ。


こういうことはこちらサンディエゴでもしばしばあるなぁ。
スーパーのレジで自分の番になったら急に愛想が悪くなってハローの一つも言わなかったり、商品を袋に投げるようにぶちこんだり(これはみんなそうか)。
俺がアジア人だからか!?と思わず問いたくなるけど、普通に考えてそうなんだろうなぁ。

しかしローティーンの頃からアメリカに憧れていて情報だけは取り入れて渡米したんでカルチャーショックって程のショックはまだ味わってないなぁ。
強いていえば日本男児は諸外国人女性にモテないってことくらいですかね。合掌。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-20 16:59 | カルチャー

2発目

姫りんご白書さんより。

こちらは恋愛ブログ。
私の嫌いなタイプのブログ。
実にパーソナル、かつ内容が恋愛。

22歳の女性が5つ年下の彼との遠距離恋愛を綴っている。
遠距離ならではの悩みや嬉しかったこと悲しかったこと、果ては彼の友人カップルのことまでが内容となっている。
この手のブログに行き当たってもほぼ素通りするのだが冒頭に「愚痴とのろけで構成されている」と堂々と宣言されていたので ほう、と思い覗いてみた。

20歳をまたいでの5歳差カップル。
こういうカップルを見ていつも思うのだけど年下の立場の人はその差を埋められるほどに人間として成熟しているのだろうか。
もしくは年上の人が年下好みなだけか。
正直私には今さら学生服を着ている子と恋愛する気も、できる気もない。
のでどんなモンなのかは分からない。

さらに管理人の姫りんごさんは自分の恋愛を匿名とはいえ不特定多数の人に公開している。
それを承知で日々の煩悩と悦びをさらけ出す。
過去記事を読み返して自分でも恥ずかしくなるようなことだってあるだろう。
それを公開している。
そこに単純に「すごいなぁ」と思ってしまう。

最初は少しのつもりで読みだしたのだが、いつのまにかブックマーク。
悩める乙女の心の叫びがアツイ。
こちらまでついつい「もー喧嘩すんなよぉ~」とか「ンなるほどぉ~」などと唸ってしまった。
極めつけに仲直りしたとの記事の読み自分までホッとする始末。
昼のメロドラマを大して興味も無いクセに毎日チャンネルを合わせる中年主婦になってしまった。
屈辱、である。
今まで愛だの恋だのに大きなエネルギーを注ぐことが嫌いでいつも誰かしらに恋している人間を鼻で笑ってきた。
が、笑えないもんである。

一つ残念なことといえば彼氏本人もブログを見ているらしい。
それじゃあ本音の本音は書けないんじゃあないの、と問いたいところだがまぁいいのだろう。
彼の受験のために現在は以前のように連絡できない日々が続きモンモンモンしているようだが、ぜひ距離などに負けないで成就させて頂きたいものである。
そのために近代兵器である携帯電話とパソコンをフル活用だ。

もはや電波は心をつなぐ…のか?
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-18 13:22 | 雑記

1発目

JETTERs NIGHTより強引にトラックバック。

管理人のMEGAJET(以下MEGA)とは今でも交友が続いているローティーン時代からの数少ない仲間。
彼の音楽に対するオココロイレは凄まじく、その必要性は食事、睡眠、セックス、水、果ては酸素までも凌駕する!てそれは範馬さんとこの旦那だ。
とにかく音楽に命を懸ける変態なのである。

そんな彼は先日ME FIRST AND THE GIMME GIMMES(以下MF&TGG)へインタビューをすることとなった。
名目はunion発行のフリーマガジン「FOLLOW-UP」への掲載。
幸運にもインタビュアーを務めることになったMEGA。
しかも相手はMEGAが愛してやまないFAT WRECKの首領(と書いてボス)、FAT MIKEっ!!
初仕事でFAT MIKEだ。
いきなりラストボスだ。

与えられた2日間で質問内容を練り本番に挑む。
ライブ前の楽屋の隅で行われたインタビューは「ファンとしては地獄」だったらしい。
というのも首領(と書いてドン)MIKEである。
元々インタビューが嫌いらしく2,3問に応えたら他のメンバーと雑談し始めたりだんだん不機嫌になったりと手を焼いたようだ。
なんとかインタビューを終えたもののMEGAのテンションはガタ落ち。
しかしその後のライブでかましたダイブで偶然にもMIKEの正面に。
MEGAに気付いたMIKEの反応はぜひ本人の言葉に目を通して頂きたい。

最終的にわだかまりなく終えることができたMEGA、そこで得たものは計り知れないのではないだろうか。

続いて私個人の意見。
Mikeからは日本人を下に見てる感じを何回か受ける事になる。例えば日本語を一言もしゃべらない。話さないの一点張り。日本に来た外人。何の気配りも無くさも当然に母国語をしゃべるアウェイ相手に、必死でカタコトの英語でしゃべり掛けるホーム。もし俺がアメリカに行ってもこの絵は同じ。
これはまさにその通りだと思った。
どこでもだれにでも平気で母国語を話すアメリカ人、これを書き始めると長くなるし話も変わるので割愛するが、尊敬する遠い人に実際に会ったときのイメージとのギャップはやはりつらい。

あたかもスムーズに進んでた様に文章に起こす作業も思ったより大変だった。今まで色々読んできた記事もこうゆうの多いのかな?って思うと複雑
自分の分野の話になって恐縮だが、NBA選手の中で記者をゴミのように扱う選手を数人知っている。
そんな選手たちのインタビューでさえ活字になればとても円滑なもののようにされている。
当然の処置だが、なんだかなぁ~ってトコだ。
複雑。



憧れの人に会うことは時に失望を招く。

ブラウン管越しのスターは違う世界の生き物で、同じ世界での生き物になるとそこにいるのは人間以外の何者でもない。

友としてはMEGAが憧れの人に会い、ショックこそ受けたものの最終的にこれからもファンでい続けたいと思えたことが嬉しい。

最後にMikeはこう言った。(「あなた方に影響を受けてbandを始めた人はこの日本にもいっぱいいます。彼等に何かメッセージを」という質問に対して)「俺らのマネすんなら辞めろ」。これをPUNKととるか、ふんぞり返ったROCK STAR気取りの戯言ととるか、それはお前次第だ」
あなたはどっち?


※リンク先のJETTERs NIGHTトップページからinterviewの項目へ行くと全ての記事が読めます。本番までの苦難やインタビューの詳細も書いてあるので興味のある方はどうぞ。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-17 17:49 |

トラックバック・キャンペーン

以前から考えていたのですが、もっとトラックバックをしたいです。
じゃあすれば、って僕はブログをあまり見るほうではないんです。
定期的にお邪魔してるブログはせいぜい5,6件というところ。
他のブロガーさんがどれだけサーフィンしているか知らないですけど僕としてはもっと見るブログのブックマークを増やしたいとこであります。
てことでこれから少しの間トラックバックキャンペーンなるものでもしてみようかと。
とにかく他のブログを見てマワル。
そしてトラックバック。
うん、簡単だやってみよう。
期間は未定。
他の記事が書きたくなったりブログ徘徊が面倒になったら止めます。
どうせ続かないんだろうなぁなんて逃げセリフを吐くのはまだにしとこう。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-09-14 16:40 | 雑記