ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2005年の終わりに

2005年も今日で終わりのようです。
今年もまた一つ年をとり、死へ一歩近づきました。
今年もたくさんの人と出会い、またたくさんの人と別れました。
今年も、新しいことを始めました。

今年の夏に始めたこのガーデンですが、きまぐれな更新に付き合い見にきてくださってくれた全ての人に大きく感謝いたします。
2006年もこんなかんじでいきます。
それでは皆さん良いお年を。さようなら。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-31 21:25 | 雑記

心に残ったキャッチフレーズ

今日はもう1つ記事あげます。

年末ということで何かとこの1年を振り返る機会が多いですが、テレビや広告のキャッチフレーズで良いな、と思ったものを紹介したいと思います。
ちなみに全てスポーツメーカーさんのものです。



impossible is nothing(不可能なんてありえない)
アディダスの広告に使われた文句。これは良かった。原文はもっと長いのですがインパクトがあったのでこの部分だけ引用します。「俺には才能がない」と言い切れる程努力できる人間がいったいいくらいるだろう。


I am what I am(俺は俺)
こちらはリーボックの広告に使われた言葉。NBA選手のアレン・アイバーソンのポスターに書いてあったこのフレーズを見たときはシビれました。そういえばアイバーソンは「試合は試合」、「バスケットはバスケット」といった言い回しをよくするのでもしかしたらこれは彼自信の言葉なのかもしれない。


そして最後に

死ぬほどうまくなりたい
ナイキ(もしかしたらナイキジャパンのみ)で使用されたフレーズでバスケット雑誌に毎月のように載っていたことを鮮明に覚えています。最もシンプル、そして最も明快。何も言うことはありません。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-22 14:23 | 言葉言語

ここ最近思うことを皮に包んで

・忙しい忙しい、一日が24時間じゃ足りない。と嘆いている多忙人はその話を聞いている相手も同様に忙しいことに気がまわらない点において盲目であり、そこまで余裕がないことはつまり結局最終的になんだかんだ言ってやっぱり一番忙しい人なのだろう。

・好きな音楽は洋楽かな。と答える音楽好きにそれ以上質問する必要はない。なぜなら彼/彼女にとって、洋楽を聴くということ自体が悦なので具体的に出されるアーティストは"1位"である可能性がとても高いからだ。さりげなくタワレコのトップ10コーナーに誘導してあげよう。

・(笑)がよく分からない。自分が笑っているのか相手にここで笑ってほしいのか、どっちなんだろう。まぁ、両方なんだろうけど。否定はしないけどせっかくちょっと面白いこと言っているのに照れ隠しの如く文末に(笑)があるともったいない気がするのよねぇ(笑)
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-22 14:09 | 雑記

ここ最近の出来事(烈!ファイナル編)

学校の駐車場で隣に停まっていたメルセデスに擦る。
先生に「いつも疲れた顔だね。」と言われる。
United States を Limited Shoes と読み間違える。
相変わらず冷たいねと言われる。
期末試験が近づく。
車内にて日中は冷房、夜間は暖房。
授業中最前列にて堂々と携帯電話でテトリスをする黒人生徒。
それを後ろからじっと見つめる日本人生徒。
Tバックは、嫌いです。
クラスメイトに「疲れてる?」と訊かれる。
ルームメイトは、カジノで負けすぎである。
嘘は、ばれていた。
最近服を買ってない。
R.E.M.は、クセになる。
NIRVANAの"stay away"が「たのうえー」に聞こえる。
Foo Fightersの"burn away"が「たのうえー」に聞こえる。
アイリッシュバーにブルースコンサートを観に行く。
数日後に一人で同じ場所へジャズコンサートを観に行く。
シドニーから"lots of love"の詰まったEメールが届く。
期末試験が訪れる。
そわそわが止まらない。
いつのまにかお金が全然なくなっている。
ほとんどの友人が風邪気味。
部屋の整理をする。
靴の空箱が7箱出てくる。

時を吹っ飛ばして

約束の地へと

還りましょう。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-12 21:56 | 生活

言葉の独り歩き

はてな?クエスチョン?

んー、と違和感否めず首をかしげていた。
どうにも「?」の使い方が妙。
・俺そんなこと言ってないよ?
・私は構わないですよ?
このような文章に遭遇するのはやはりネット。
テキストホームページ、ブログ、mixiそして掲示板。
これって明らかにおかしい。
「?」って疑問を示す記号でしょう。
上の2文の様な使い方はしないはず。
恐らく語尾を上げて話している、ということを表現したいのだろうけどそれが僕にはあまりに不細工に映る。
いつから「?」が疑問を示す記号から語尾という音そのものを表現する記号になったのだろうか。
気持ちは分からなくもない。
語尾を上げるか下げるかでは多少印象もニュアンスとやらも違ってくる。
しかしそれを補うために既存の記号の用途を歪曲させてしまうのは如何なものかと。
この「?」自体元々ラテンに由来しているであろう記号なので日本語の文章に挿入することが既に妙なのだし、そもそも既存の用途などというものも不明瞭な話なのだが、それを自然なものと感じてしまうのは「みんなが使っているから」に他ならない。
いつか語尾を上げるために誰もがみな「?」を使う日が来るのだろうか。
その時僕も一緒になって使うのだろうか。
外国文化、習慣の日本化、japanizeが終焉を向かえる日はくるのだろうか。
いやもしかしたらそんな概念さえも無くなってしまう日が来るのかなぁ。
未来も真実も藪の中、なのかぁ。


前回あんな記事あげといて急にこんなこと言い出しても全然説得力が無いのは分かっているのです。分かっているのです。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-09 16:24 | 言葉言語

最高に、ぽこちん

数日前の話だが授業中にふと「ぽこちん」なる単語が脳裏をよぎってからクスクスと笑いが込み上げ、止まらなくなってしまった。
一体いつぶりだろうか、こんな言葉を認識するのは。
そしてこのぽこちんという音の響きの気持ちよさは何なんだろうか。

ご存知の通りちんちんを意味するこの言葉、しかしきっとちんぽこという単語の方が先にデビューしたであろうことは想像するに易しい。
ちんぽこちんぽこちんぽこちんぽこぽこちんぽこちんぽこちんぽこちん。
…なるほど。

ちんぽこっていうのはスゲー分かる。ちんちんの「ちん」が変わらず主張しているから。
けどぽこちんって何だ。もはや「ぽこ」が「ちん」を飲み込んで主張しだしているじゃないか。
どうにもこの音の響きに魅せられてしまったのでこれは意識改革が必要だと思いぽこちんという言葉の意味をちんちんから切り離す必要があると考えたのです。

まず「ぽこちん」と発音してみてその音の可愛らしさを確認。
新しいぽこちんの意味の方向性は可愛らしさ、愛らしさであるべきだと感じる。
元の言葉が名詞として使われているためそこは尊重し、男女問わずその人の可愛らしさを主張する部分、いわゆるチャームポイントを指せばいいのではないかと仮決定。
そして具体的使用例を考える。

・あの子のぽこちん見ーっけ
・私のぽこちんは鎖骨です
・君も早くぽこちんを確立したまえ

完璧だ。
また変則的に動詞の活用も作りたい。

・君の今の表情はすごくぽこちんしてるよ
・それでは彼に1分間ほどぽこちんしてもらいましょう、ぽこちんぐたーいむ

よし、決定。



こうなれば一般レベルにおける浸透も時間の問題。
先回りして応用編も用意しなければ。

・甘え系ぽこちん―――甘えることでぽこちんを表現する人
・美脚系ぽこちん―――甘え系同様、ぽこちんのタイプの区別に
・PC革命―――ぽこちん革命、自分のぽこちんを新たに開拓すること
・ぽこちん荒野―――まだ自分のぽこちんを確立できていないこと、またその人
・ぽこち100%―――自分の持てるぽこちんを最大限に発揮している状態
・カマぽこぶる―――実はぽこちんを持っているがいざという時のために隠している状態
・ぽこちーん―――かんぱーい、の代わりに
・ぽこリスト―――自分のぽこちんにとことん自信を持っている人
・ぽこスパイヤ―――他人のぽこちんを参考にし、自分のものに活かすこと
・ヴぁーり・ぽーこ―――どんなタイプのぽこちんでもOKな人
・ぽこちゃった結婚―――お互いのぽこちんが決め手となった結婚



…徹夜明けで妙にハイだったのよねぇ。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-07 16:40 | カルチャー

life is...

life is complicated. life is fun. life is sorrowful. life is unhappy. life is nice. life is irritating. life is chaotic. life is hard. life is tough. life is enjoyable. life is charming. life is cute. life is deadly. life is fantastic. life is short. life is exciting. life is dangerous. life is thrilling. life is lovely.
life is a drama. life is magic. life is beautiful.


人生とは、とか、愛とは、とか語るのは嫌いだけどふと思いついたことをカタチにしてみた。特にイミは無い。
何気ない瞬間にふと何かを考えさせられることは知性だと感じた。
考えてもいないことがふと頭をよぎることは知性だと感じた。
別にこんなこと書いてるからって人生がどうこうだの言いたいわけでもなくてでもなんとなくふと考えさせられたものだから帰ったら文としてあげてみるかなんて思っただけで実際自分自身こんな聖人みたいなことは普段滅多に考えないし神がどうだの愛がなんだのなんて類の話題はほとんど耳を向けないし日本の宗教について聞かれたって何かを信仰してるわけでもないから「オイシイトコドリだ」くらいのことしか言わないし何より大事なのは今日の晩ご飯でありカワイイあの娘の好みのタイプであり着けてる下着の色であり日本に帰ってしたいことであり目の前に構える課題なのだ。
言いたいことなんて別にない。主張なんて特にない。
[PR]
by zephyr_garden | 2005-12-01 06:40 | 生活