ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

さよならに、別れを告げる

「さようなら」は正しい日本語ではない。
別れを告げる挨拶は「さよなら」が正しい言い方だ。
「さようなら」と言うならばそれは「左様なら」となり接続詞の意を持つ。
だからといって僕はここで日本語の乱れがあーでぃーこーでぃー全くけしからん輩だわいプンプンおっとお嬢さんどこ行くのぺろんちょぺろんちょなんて言いたいわけではない(ちょっとは言ってみたいが)。

・「先生さようなら、みなさんさようなら」これは僕が小学生の頃の帰りの挨拶だ。

■「さようなら」を辞書で調べれば当然のようにさよならに属した答えがある。

■"goodbye" "so long" "farewell"いずれもジーニアス和英辞典で「さようなら」と引いて出てくる単語である。

■広辞苑で「さよなら」と引くと『「さようなら」に同じ』とだけ表示される。

上のどれを取っても広く使われているのは「さようなら」であり「さよなら」はいつしか「さようなら」へのつなぎでしかなくなっている。
そして人々が口にするのは「さよなら」でなく「さようなら」であり、「さようなら」ではなく「じゃあね」、「またね」だ。
時代と共に人々が変化するのが常必然ならば言葉もまた同様だ。
いつしか「さよなら」は「さようなら」と区別化され古語として扱われる日が来るだろう。
もはや誰もその言葉を発しなくなり書籍媒体の中でしか威厳を示さなくなるだろう。
その時僕らはどんな別れの挨拶をしているだろうか。
ぺろんちょぺろんちょ、だけは勘弁してもらいたい。



追記:
goodbye, so long という言葉を挙げたが、brahmanが随分昔に出したミニアルバムの中のroots of treeという曲の中で最後で歌っていたことを思い出した。
I might say the words "so long" or "goodbye" someday.
こんなかんじだったはずだが、直訳すると「俺は"さようなら"、もしくは"またね"と告げるだろう」と、こんな感じだろう。
"so long"はしばらく会えないとき、"goodbye"は日常で使う別れの挨拶ということで使い分けたのだろう。
実際にはほとんど違いはないらしいけど。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-31 21:59 | 言葉言語

三代目ドーナツ伯爵夫人

大分前になるけれど・・・冬休みに里帰りすることにし、日本に帰ってしたいあんなことやこんなことを思い描いていた。
わたしは、ドーナツ、いや、ミスタードーナツ(ミスド)が食べたかった。
ケツに蒙古斑つけてた頃から親しんだドーナツに還りたかった。
そこで食べられるだけ食べてやろうとケツ意した。

d0059577_115076.jpg舞台は地元のミスタードーナツ(ミスド)。
ピンポイントにポンデリング10個が目標。
とりあえず1000円出してポンデリング8個とコーラを注文した。
写真は左手前から時計回りにポンデ・リング、ポンデ・トング、ポンデ・バラモス、ポンデ・ピエール、ホンダ・サイクル、パンナ・コッタ、ダンデ・ライオン、チョイ悪・オヤジ。


目の前に広がるドーナツたちに悦子のえつ、と書いてよ・ろ・こ・び(悦び)と伝えた。
いざ、実食。
ここで告白するとわたしはダイの甘党なので8個くらいワケないと高を括っていた。
しかし実際は4つ目で早くもつらくなった。
ちょうど半分の4つ目なのでマラソンで言うとまさにスタート前にお腹が痛くなってしまったようなものだろう。
ドーナツは甘かったが現実はピリ辛だった。
わたしのTシャツに潜むイギー・ド根性・ポップも今後の展開に不安の色を隠せない様子だ。
コーラで一旦落ち着きを取り戻し、連れに一口食べさせる。
そこからなんとか持ち直してたいらげた。
結局丸1個分くらい連れに食べさせた。
蒙古斑が再び浮き上がったような気がした。
正直、嘗めてました。

ちょっと悔しかったので次回帰ったらキッチリ8個自力でやっつけようと思う。
あと、ポンデリングだけっていうのは作戦ミスのような気がした。
あのもちもちの密度はなかなかのもので生クリームとはまた違った脅威がある。
だがオールドファッションを間に挟めば劇的に流れを引き寄せられるような気がした。
こうやって考えると次はマジ(本気)でいけそうだ。
とりあえず今回はこのへんにしといてやろう。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-25 11:46 | 生活

黄金に輝くカエルは猛毒の持ち主

Excite エキサイト : 芸能ニュース
d0059577_085387.jpgスイスのチューリヒにある動物園で、ひときわまぶしい黄金に輝くカエル。モウドクフキヤガエル(学術名:Phyllobates terribilis)と呼ばれるこのカエルは、鮮やかで美しい容姿とは裏腹に、その名の通り猛毒を持っている。
 成体が体皮に分泌する毒ではネズミ2万匹、大人の人間だと100人相当が殺傷できるという。
 熱帯雨林に生息するこのカエルは、熱帯雨林破壊が進むなか、その将来が危惧(きぐ)されている。
 この動物園には、同じく毒を持つコバルトヤドクガエル(学術名:Dendrobatesazureus)も展示されている。


金色の毒蛙ですって、なんてロマンチック!
数年前に知人が持っていた蛙のグラビア本を見て以来蛙が好きなのですが、色鮮やかな毒蛙を見るとワタクシ悶え喜びます。
こちらの蛙さんはモウドクフキヤガエル、といういかにもな名前がとても素敵。
絶滅が危惧されているそうなのでぜひとも保護・繁殖させてあげて欲しいところです。
先日の人間が放つ毒に続いて違った毒ネタを。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-24 00:20 | 雑記

日常と青春と原点と非日常と~漫画シガテラ~

先日ようやくシガテラを最後まで読むことができた。
有名ギャグ漫画「行け!稲中卓球部」を代表作とする古谷実の作品である。
バリバリのギャグ路線だった作風は作品を重ねるごとにギャグという陽からリアルという陰へとシフトチェンジしてゆく。

主人公荻野優介は並み以下の容姿で度胸も無く優柔不断、将来の夢も無く同級生の不良・谷脇にいじめられるだけの高校生活を過ごしていた。
そんな荻野の唯一の趣味はいじめられっこ仲間の高井から影響されたバイク。
親に内緒で教習所に通いだし、そこで出会った1つ年上の女性、南雲ゆみと交際を始めたところから彼の生活は目まぐるしく変化していく。



~~~(これよりネタバレ含みます、未読の方ご注意下さい)~~~~~~~~~~~~
d0059577_11322517.jpgd0059577_11325089.jpgd0059577_11331569.jpg









大半の人物はその心に闇を持っている。
その闇は作中でいじめ、拉致、監禁、傷害、殺人、レイプ、詐欺にまで発展した。
主人公荻野とその恋人南雲は愛し合いながらも、その意思に反しうしろめたい隠し事を作ってゆく。
絶えぬことのない不幸に襲われ続ける荻野がついに恐れていたこと―――お前のせいでこんなことになった―――を言われ、自己の存在価値とそのアイデンティティーをもはや恋人にしか見出せなくなる。

そして
恋人と一緒だったからここまで来れた。
この人無しではもう生きていけない。
気がついた時には彼女が自分の「全て」になっていた。

そんな作中に流れるのはあくまで一高校生の日常であり、生活の中でそれらの事件が起こったことによりもはやそれは「非日常ではない」とまざまざと見せ付ける。
僕らの身にいつ降りかかってもおかしくない不幸な「日常」。
その中を生きなければならないリアル。

最終話、
短髪になった荻野はオフィスで先輩社員に説教をされていた。
しかしその表情は昔のおどおどとしたものではなく、一般に言う人間的成長を見せる。
青春を共に過ごした南雲はその体に子を宿していた。
今は別々の二人。
荻野は翌日に現在の彼女の両親と会う予定だという。
昔の彼女(南雲)に未練は無い、と言いつつ夜空を見上げ呟く。
「明日、ドゥカティ買おうかなぁ」
高校時代に憧れた真っ赤のイタリアンバイクだった。


ある人はこの作品を中途半端で盛り上がらないと言い、またある人はこの作品を「気分が悪くなる」と一蹴した。
確かにこの作品は主人公の周りに起こる事件を描き、しかもそのほとんどはハッピーなものではないため大きな感動もないし、人によっては気分が悪くなるに充分な要素が詰まっている。
しかし人々にそう思わせる不幸な生活こそが荻野の青春であり、原点だ。
そして原点にはいつも最愛の彼女と大好きなバイクがあった。

理由もなくふと高校時代を思い出すのはなぜだろうか。
昔付き合っていた女性に似た後姿を見てハッとするのはなぜだろうか。
聞いた話だが、人間の脳は二十歳までにその記憶メモリーの半分を使用してしまうらしい。
つまり二十歳以降の思い出の濃度は半分ということだ(20代は早く過ぎる、30代はもっと早いと言われるのも科学的に裏づけられてしまったことになる)。

大人になった荻野が還るところは青春以外になかった。
おそらく彼は未練の有る無しに関わらず南雲を忘れることはないだろう。
つらいこともたくさんあったが、あの頃は良かった、などと思うのだろう。
そして、これからも不幸な日常を歩んでゆくのだろう。



シガテラ(ciguatera)
―――魚類から発生するシガテラ毒による食中毒。吐き気、嘔吐をも催し、神経や胃腸に障害が起こる。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-22 13:44 | 雑記

なんとなく、日曜日。

サンディエゴダウンタウンへ行ってきた、今恋をしている彼女の値段を確かめに。
街中を歩いているとやけに日本人が多い。
そうか今サンディエゴでWBCをやっているんだ。
昨日の試合では韓国から勝ち星を上げたんだっけ。
会場のペトコパークは目と鼻の先なのでちょっとそこまで歩いてみることにする。
外野の芝生エリアに着くといきなりイチローが見えた。
本当に日本代表が練習していた。

フェンスにへばりつくファンおよそ15人。
僕に気づくイチロー。
「ようゼファーじゃないか、ブログ見てるよ」
「集中しろ」
フリーバッティングをしていたのは右打ちの人。
誰かは分からなかった。
バッティングピッチャーを務めていたのはフォームと体格から察するにダイエーの和田。
和田って代表に選ばれてた?
代表と言えばヒデキ松井だ。
顔がでかかった。
たぶん応援に来てたんだろうな、それか玉拾い。
でも牧とか仙道くんの姿は無かった。

フリーバッティングばっかり見てても面白くないしイチローも自分の正面に来たボールしか捕らないので20分も見てると飽きた。
アディダスストアへ向かう。
"マイサイズ"の8.5インチの愛しい彼女に足を通し鏡の前でるんるん。
値段を聞いて涙ぐむ。
きっと

きっと

迎えにきます。

いつか、きっと。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-20 13:42 | 生活

そうさ俺は一人じゃない~micheal franti~

d0059577_12555617.jpg

マイケル・フランティのソロ・アコースティックライブへ行ってきた。
場所はカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)。

彼はspearheadというグループの一人であると同時にソロ活動で平和を訴え続けている。
ギター一本担いで単身中東諸国へと旅立ち、現地で人々のためにギターを弾いた。
イベントの前半は90分のドキュメンタリービデオとQ&Aコーナー。
もちろん中東を訪れた時のドキュメンタリーだ。

その目を通して見たリアル。
報道からは窺い知れないそのリアル。

ビデオは現地の人々の心の声をまざまざと映し出していた。
"no security! no security, anyway!"
多くの人が訴えた。

一方、マイケルにできることはギターを弾き、共に歌うことだった。
ある時は民家で家族を相手に、ある時は町中で子供たちと共に。


反戦平和を訴える人はたくさんいるが、彼のように実際に現地に赴き、人々と向かい合い話し合おうとする人間がどれだけいるだろうか。
自分の目で見た彼だけに、その言葉は一際重いもののように感じた。
事実Q&Aの時間では質問者をじっと見つめ、じっくりと考えてから話していた(ここのやりとりがあまり聞き取れなかった、悔しい)。

演奏を行ったのは最後の40分程度。
しかしそれは詰め掛けた人々を満足させるのに充分なものだった。
椅子から離れ、最前列で踊る大多数の人々。
椅子に座り、ニコニコしながらそれを見つめる老人たち。
そう、意外なことに若者だけでなく年配の方々の姿も多かった。
彼のやっていることが広く認識されている証拠だと思う。

ライブ終了後、マイケルが物販に姿を現したおかげで即席サイン会になった。
彼が僕らのCDやDVDにサインをしている間に少し話すことができた。
「どこから来たんだい?」
「日本か、そりゃナイスだな」
「日本には2,3回行ったことがあるよ、彼女のママが日本人なんだ」
「来てくれてありがとう、グッナイ!」
190センチ近くあろうかという大男はとても物腰柔らかだった。


アメリカ人はしっかりしている。
ある事柄について訊ねるとほとんどの場合自分の言葉で自分の意見を述べられる。
普段生活している分には何も考えていないようなイカれた連中ばかりに見えるが、その自立心は立派なものだと思う。
僕も自分の意見を訊ねられたら自分の言葉で自分の意見を述べられないといけない、もちろん英語で。

精進致します。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-19 13:49 |

ライブ告知

友人のバンド、the D.O.D.が新しいドラムを加入して再発進するそうです。

場所は初台WALL。京王新線初台駅が1番近いですが、新宿駅南口から甲州街道を歩いても余裕の距離(15分位?)です。久しぶりのLiveなんで、かなりの気合いと期待です。
SKATE!THRASH!HARDCORE!!
遊びに来てくれたら嬉しいです。


4/13(木)
@初台WALL
W/against one’s well,HORSE&DEER,xSHIVERx
OPEN18:00/START18:30
TICKET/\1000

チケットの希望はメンバーかHP、メールにてよろしくお願いします。
The D.O.D. http://ip.tosp.co.jp/Kj/Tospi210.asp?I=megajet55
初台WALL http://www2.odn.ne.jp/wall/


とのこと。
よろしければどうぞ~。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-18 17:52 |

ネット新陳代謝

ブックマークに登録していたもののさっぱりチェックしていなかったブログさんたちがけっこう閉鎖していた。
1つは様々なブログにトラックバックをかけて辛口な意見をズバズバ説く女性のブログ。
1つは日々彼女を作るために出会いを求めつつもキャバクラに吸い込まれてしまう男性のブログ。
他にもスニーカー好きな男性の写真ブログも閉鎖はしていないものの何ヶ月も更新が止まったままだった。

やろうと思えば誰でも5分後には所謂ブロガーになれるその手軽さから急速に広まったブログだが、やはり数が急に増えれば消えていく数も同様に多いようだ。
僕がスペースを借りているこのexciteブログさんも数ヶ月前ついに「3ヶ月以上ログインをしていないユーザーさんのブログを消去します(大意)」なんて連絡をしていた。
ネットリソースの浄化である。

そういえば僕がこのブログを初めてからもう半年以上経ったのか。
なんとかやってこれているのも見てくださる方がいるのに他ならないなぁ。
閉鎖と言えばその原因に荒らし炎上ってのもあるらしい。
コメント欄への多くの誹謗中傷に疲弊して閉鎖、といった流れとか。
ならコメントできないようにすればいいのに、と思うのだが「それだと応援してくれる方の声も聞こえなくなる」という。なるほど。

そう思うとこのブログはコメント自体少ないのでスパムコメントや中傷目的のコメントは皆無。
実に健全でストレスの無い運営だ。
田舎者らしいこのローカルさが素晴らしいじゃないか。
これからも細々と目立たぬようにやっていこう。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-17 19:14 | 雑記

デルモって言ったらあってみんなが・・・

近頃いろんなところで「エビちゃん」という名前を見かけるのですがファッションモデルさんのようで。
検索したらば覚えにくそうなキレイなお顔が出てきました。
あのエビちゃんが!とか、今ブレイク中のエビちゃんの、とか、そういった見出しはこの人だったわけね。

しかし女優さんや歌手がブレイクするのは分かるにしてもモデルがブレイクするってどういうことなんだろか。急に背でも伸びたのかしら。

実は僕はいまいちモデルと呼ばれる方々の立ち位置を理解していない。
ファッションショーでお前絶対普段そんな格好しないだろ、って服着てるのがモデルさん。
看板や広告または紙面で新商品を見にまとってうつろな目をしているのもモデルさん。
そこまでは分かるんです、スタイルが良くて見栄えのする方々だってことが。
でも実際におしゃれなのはモデルさんたちの着る服を創る人たちだったり、コーディネートする人たちじゃあないんですか。
どうしてお昼の番組あたりでモデルさんがコーディネート術を披露し、今日のファッションのポイントを解説して"これから人気が出る"らしいアイテムを紹介しているのか理解できない。
それはモデルさんの仕事なんですか?

僕はファッションて分野に疎いので世間様の常識を心得ていない可能性も充分あるのですが、どうも腑に落ちないんだよなぁ。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-17 18:45 | 雑記

注)これは日記です

ここ数日庭いじりをしようと美人秘書みたいな目つきでメガネを光らせながらキーボートをあたたたっと打つのですがどうにもこうにも文章がまとまらず時間ばかりかかって終いには何を言いたいのか自分でも分からなくなっちゃったりしちゃったりなんかして改めて俺って御馬鹿さんねえって思いつつもコーヒー飲んで気分入れ替えようとするんだけど豆が無くて哀しい気持ちになって結局書いた文章全消去して明日にしよーなんて愚行を繰り返していましたぜファーです。
ファー?

しかししばらく更新しないと何を書いていいのかさっぱり分からなくなってしまってmixiで過去に書いた記事を読み直してみたらばこれがまた酷いのなんのってもう正直消し去りたいくらいの思いでよくもこんなモンを人様にさらけ出してのほほんのほほんサントリーなんて生活していたもんだと思うわけなのですがこうやって読点も無しに文をだらだら引き延ばすときっと読みにくくて読みにくくくくてどうしょも無いことでしょうね。

そんなこんなでついに何も考えずに書く作戦に出たわけですがこの作戦は勢いが命。
冷静になった時点で負けだ。冷静になったらダメだダメだダメだダメメタァ。

せんじつ!ついに愛用のデジカメが修理と言う名のグレートムタ、じゃなかったグレートジャーニーから舞い戻ったのです。
2005年の夏に液晶が割れて以来電源は入るものの何を撮っているのかさっぱり分からなくなってしまいお蔵入り、一時は引退説も流れた武藤、じゃなかった私の愛機ですが不死鳥(ふしちょう)の如くカムバックを果たし周囲を驚かせ、ガーデンは一時騒然としました。
私はカムバックに歓喜し以前のように敬司、じゃなくてカメラと共に生活を始めたのです。
何日かして充電しようとブタッ鼻に充電器を差し込んだならばあれれ、充電中に光るはずの赤いランプが点灯しない。
充電器、次はお前か…
点かないランプの前で私が転倒してもどうしようもないので何度も鼻から抜き差しするもムイミダス。
うわーどうしよー、なんてあわてちゃったりしてね。
誰も見てないのに佐藤玉緒みたいにウルウルしちゃったりしてね。
そのまま鏡の前で練習なんかしちゃったりしてね。
もぉーぷんぷん、なんてのまでやっちゃったりしてね。
極めたくなってネットで画像まで探しだしちゃったりしてね。
上手くできるようになったもんで写真に撮っておこうかなんて思っちゃったりしてね。
デジカメ取り出すんだけど充電が無いんだって、バカヤロウ。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-03-15 20:45 | 生活