ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シンパシー・フォー・ザ・デビル

今日もサンディエゴの太陽ははりきっていた。
家を出る前にコーヒーを入れていると授業に遅れそうになった。
音楽好きな英語の教師は教室に入るやいなや僕の着ていたguns&rosesのTシャツを指差して"whisky a go go"とだけ言った。
休み時間に訊ねるとロサンゼルスにある歴史ある有名で小さなナイトクラブであらゆるバンドの登竜門的存在だという。
この日後ろの席に座った女の子は胸の開いたTシャツを着て、いつもよりも幾分挑発的だった。
そしてあまりにも強調された大きくて美しいバストは9月の夕焼けの如く僕を混乱させた。
午後には退屈な数学のクラスに行ってガムを噛みながら問題をいくつか解いた。
そのあとにスポーツジムに行ってストレッチをしてから40分ランニングマシーンで汗をかき、自転車をこぎながら一時間本を読んだ。
日本語の本を読みふけてから外に出ると不思議な感じがした。
帰ってからすぐにシャワーを浴び、メールをチェックした。
友人にいま気になっているバンドのCDのお勧めを聞くためにメールをした。
夕食の時間、ホストファザーが「高校の英語教師をやっているという日本人に二人関わったことがあるが、そんなに英語ができたわけじゃなかったな。グレートじゃなかった。ゼファーのが随分マシなんじゃないか?」と話していた。
僕は何も答えなかった。
食べ終えてから近所のスーパーへ酒とチョコレートを買いに行った。
レジに並んでいた目の青い白髪の女性が財布を広げカードを探しているふうだったのでここのスーパーのカードなら僕が持ってますよ、貸しましょうかと言うと「どうもありがとう。でも私も持ってるはずなのよ。あっ、ほらここにあった。どうもありがとうね」と言った。
帰ってから酒を開けてUAを聴いた。
そのあとにJane's Addictionを聴いて、またUAを聴いた。
読みかけの本を読みながら、メールをしながら、音楽を聴きながら、酒を飲みながらぼーっとしていた。
途中、楽しみにしていたチョコレートにはなぜか手をつけずに白い板のガムを噛んでいた。
破けたタイヤみたいにくしゃくしゃになったガムを吐き出して、まだ口の中がスースーしたまま3本目の瓶を開けた。
音楽が止まっていたので今度はRobert Johnsonをかけた。
本を読み終わって、またガムを噛んでメールをした。
明日から週末だということを考えると随分気持ちが軽くなった。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-04-21 16:30 | 生活

黄金島の逆襲

それは先週のことだった。
午前の授業を終え食堂に向かうメガネの青年を呼び止める留学生アドバイザーのロン。
「Eメールはチェックしたか?今日はフリーコーヒーパーティーだぞ」
留学生でちょこっと楽しみましょう、という趣旨だそうだ。
ちょうどお昼だしコーヒーだけでももらいに行ってみようと思い立った眉毛の太い青年はロンのオフィスに。

そこにはいたのはたくさんの日本人生徒でした

ドアを開け、オフィスに足を踏み入れた瞬間に談笑が止まる。
刹那的視線の集中砲火。
そう、バックパックを背負ったその青年には日本人の友達が一人もいないのだ。
何事も無かったようにテーブルのお菓子に目線を戻す若者たち。
コーヒーポットが部屋の端に置かれていたのはジーパンの青年にとって唯一の救いだった。
しかしもしこのポットからコーヒーと一緒に悪魔が出てきたら、このバンズのスニーカーの青年は迷わず自分の魂を捧げ、代わりにこの世で最も臭い屁を操る能力を手に入れていただろう。
そそくさとオフィスを後にする髪の長い青年に話しかけようとする若者はいなかった。
ガンズアンドローゼスのトレーナーを着た青年は食堂に戻り、ピザを一切れ買ってキャンパスの花壇の淵でそれを食べた。
コーヒーはくそマズかった。
うん、大丈夫。泣いてなんかない。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-04-19 13:07 | 生活

それはメイド・イン・ヘブン

d0059577_1359928.jpg

低品質・高価格という夢のような文房具を提供なさってるアメリカさんにして唯一僕の心を掴んだ文房具。
その名も"R・S・V・P bk91USA MED. by PENTEL USA" 新手のガンダムか。
僕は左利きなので生半可な覚悟のペンだと使いづらくて仕方ない(左利きの人は分かってくれると思う)。
そんな中出会ったこのペンは小悪魔なお姉さんのウインク並みの衝撃だった。
ノートという海原に初めて走らせた時「書きやすい、書きやすいぞおぉぉおおお」っと心の中で叫んだとか。

まぁ正直ボールペンなんてどれも大して変わらない。
しかし!だからこそ気に入ったペンの存在が大事なのだと説こう。

・英語の授業の主な内容はエッセーだ。
そのエッセーを書くのにまずはノートに下書きをして、次にパソコンで打ち直してプリントアウトする。
その下書きの段階でストレスなく字が書けると文章そのものも気持ちよく書ける。

・何か思いついたときにすぐにメモを取るようにしている。
その時に使い慣れたペンが手元にあるとすごく安心するのだ。
頭の中にあるものをとりあえず殴り書きでアウトプットしておく(その思いついた"何か"がブログネタになることもしばしば)。

このようにかなり活躍してもらっている。
2本セットだったが友人に1本あげたので最近また買い溜めてみた。
筆箱、机上、車内、バッグとそれぞれに持ち場を与えている。
こんな普通のボールペンに満足して、気持ちよく記事が書けるのだから安いものだと思う。


それと記事を書きながら「ぺんてる」って日本製品だってことに気づいた。
USAって付け足されてるからさしずめハーフか。もうなんでもいいよ、愛してる。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-04-18 14:55 | 雑記

あなたに、逢いに行く

以下の記事は私が以前mixiにて書いたものだ。
ネタとしてはブログ向きなのでいずれガーデンで日の目を見せてやろうと思っていた。
ということで若干の加筆修正を施して庭デビュー。





知り合いを介して目的の人に会おう。

自分から始めて6人。
6人を介して、7人目(目的の人)に会おう。

これは近年研究されているらしい考えで、以前からネットやメディアなど様々な媒体でこの研究の存在は知っていた。
そしていつかテレビで実際に6人を介して著名人に会う企画をやっていた。
この考えがどこまで一般に浸透しているかは知らないが、自分にとって初めて知った時から非常に興味深い研究だった。

6人で佐古賢一に会える
6人で土岐麻子に会える
6人で荒木飛呂彦に会える

考えただけでわくわくする。

世間って狭いな、そう思わされることはしばしば起こるが、どこまで狭いのだろうか。
ここで少し考えてみる。
例えば最終目標をヤンキース松井秀喜としよう。
スタートは私、ゼファー。

①ゼファー→②松井秀喜と同じ高校に通っていた友人→③野球部だった彼の友達→④野球部の監督→⑤松井在籍当時の野球部の監督→ヤンキース松井秀喜

順調に進んだとして、わずか5人介しただけで松井秀喜にたどり着けるかもしれない。

しかしこの研究はそれだけで終わらない。
研究者によれば6人でつなげられるのは全世界に存在する全ての人間だというのだ。

6人でロニー・オサリバンに会える
6人でジョン・フルシアンテに会える
6人でマイケル・ジョーダンに会える

考えただけでぞくぞくする。

現存する世界約60億の人々にわずか6つの架け橋だけで会えるだろうか。
だとすれば私がアメリカの生活で出会った世界中の人々ともそれとは全く関係の無いルートからもたどり着けるだろうか。

同時に、私は誰への架け橋になるのだろうか。
また、誰かにとっての7人目になるのだろうか。


6人で、誰にでも会おう。
あなたは、誰に会いますか。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-04-12 12:38 | カルチャー

サンディエゴ・金曜日・サンディエゴ

先週末、キング・クリムゾンが発動されたらしく時間が1時間吹っ飛んで夏時間になった。
日が沈む時間が1時間遅くなる。
最近のサンディエゴは倦怠期のカップルのようにパッとしない天気が続いていたが、ようやく雲が千切れ始めた。
これぞ本来の姿である。

今週は2教科でテストが控えていたので荷物をまとめたくなっていた。
なんとか消化し、週末のありがたみに涙している。
Tシャツにべっちょり着地したハンバーガーのトマトだって可愛く思えるほど。

金曜日の午後、テストを終え天気も気分も久々にスカっぱれなのでいつも行くカフェに寄る。
馴染みのメキシコ系アメリカ人の美人店員。
なんと僕が注文する前に"アイスアメリカーノにバニラパウダーね?"といつも頼んでいるものを先回りしてくれた。
行きつけのカフェで「いつもの」、なんてちょっとうふふ、だ。
しかもさりげなくワンサイズ大きいカップで出してくれた。
連れがいたら言ってた、「絶対あの子俺のこと好きだね」。
sublimeが流れてる。
アぃ・ドん・ぷラくてぃす・さんティりあぁ。
御静聴、ありがとうございました。それではさようなら。
d0059577_958644.jpg
      写真は一切関係無いのです。一切関係無いのです。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-04-08 09:59 | 生活

例えてエクスパンド

具体例を用いることは主張を拡大・明確にする上で実に有用だ。
具体例を使って説明することでより意見に説得力を持たせられるし、読み手にイメージが伝わり易い。

しかしそれは時に混乱を招く。
主張の展開でなく、対人議論の場において例を用いて話す場合だ。
こういう場合、多くの人は、例を使いて説得するのではなく、なぜか議論の対象または現在の状況を何かに例えようとする。

例えば「ある企業Gの雇用法と賃金の是非」が論点だった場合に意見が分かれるとする。
その時に例を用いて議論するなら、「その企業Gはアジアや中南米の途上国の人々を不当な賃金で雇っている、雇用をするなら彼らに正当な賃金を支払うべきだ」と、こんな具合になるべきだろう。

しかしそれを受けて一方でこう展開する人がいる。
「それではあなたの国の企業は技術を持たない外国人に、技術者と同じ賃金を提供しているのか」
続くやり取りはこう予想される。
「それとこれとは関係無いだろう」
「どう関係無いのだ、同じ問題ではないか」
「今はそんなことを議論する場合ではないはずだ」
無駄ループ、である。
どんなに濃い内容の議論だとしても論点が本来のそれから遠ざかってしまえば何にもならない。
実に無駄である。無駄無駄、無駄。

しかしいかんせんこの手の無駄ループをよく見かける。

確かに具体例はあらゆる場面で効果的だが、議論の場合に考えるべきは「何に例えて形容するか」ではなく「どんな例を用いて説得するか」であろう。
いい歳した上司たちが会議と称された何かで顔を高潮させて無駄ループを繰り広げるのも見ていて面白そうだが。
[PR]
by zephyr_garden | 2006-04-04 16:46 | 雑記

久々に、ここ最近の出来事(おっ好みの野菜をふぁいあー編)

コンタクトからめがねにする。
日本から持ってきた黒糖キャラメルを愛す。
寿司の値段が、すごい。
パーマがほぼ落ちる。
なかなか暖かくなってこない。
自動車保険が切れている。
Youtubeにはまる。
宿題が終わらない。
いつの間にかこのブログの記事が100件を超える。
盟友がサンディエゴに遊びに戻ってくる。
いろいろと、天才。
街の黒人に小突かれる。
春が来ない。
日に470キロ運転する。
デジカメが直るも充電器が壊れる。
OKこんぴゅーたー。
りんごジュースがとっても腐る。
そのペットボトルがおぞましく膨れ上がる。
最も多くの人類の命を奪ったのは毒だという。
破廉恥、と漢字で言うにはどうしたらよいのか。
宝石店のBGMにno man no cryはねえだろう。
久々に玉突きをする。
なぜ女性はみなそろってsex and the cityを観るのか。
クラスメイトからの電話が止まらない。
失礼なEメールが届く。
Toshi-lowの年齢に衝撃を受ける。
JASRACの存在意義。
5年使っていた財布が壊れる。
テープで補って気分はタイチ・キートン。
バンズ×パブリックエネミーの詳細が分からない。

もう何でもアリ、というならば

全部ごちゃまぜにして

お好みの野菜を

ふぁいあー
[PR]
by zephyr_garden | 2006-04-02 13:23 | 生活