ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

スヌーカーという競技

d0059577_5441536.jpgみなさんスヌーカーってご存知です?
ビリヤードの一種なんですがはっきり言って日本では相当マイナーな存在です。
しかし本場のイギリスではこのスヌーカーの選手たちが毎年長者番付の上位に位置したり、国から勲章をもらう選手もいたりと相当の人気を誇ります。
またアジアでは中国や香港、またはタイなどの国で浸透しています。

少し説明するとスヌーカーは一般にビリヤードとして知られている9ボールと比べてルールが違うどころかテーブルそのものが違うのです。
画像では大きさは分かりにくいですが面積は普通のビリヤードテーブルの約2倍。
当然距離が大きければ大きい程狙いを正確にする必要があります。
そしてボールの大きさですがこちらはポケットビリヤードよりも2回り程小さくできています。
つまり手玉を突ける範囲がかなり制限されることになります。
さらにテーブル6箇所に設置された穴、ポケットですが通常のビリヤードテーブルはボール2個分以上の幅を取っているのに対しスヌーカーテーブルはボール1.5個分程度しかありません。

テーブルが大きい、ボールが小さい、ポケットが小さい、3拍子揃った難易度最高レベルのビリヤード種目なのであります。

今日はマニアだよ
[PR]
# by zephyr_garden | 2005-06-17 05:39 | スポーツ

留学白書

自分と同じでサンディエゴに留学しながらブログをつけてる人がいるかも、なんて思って”サンディエゴ”や”留学”をキーワードに検索してもなかなか似たサンディエゴ留学生のページは出てこない。
それどころか自分のブログがヒットしてしまう始末。
サンディエゴ生活を記したブログは出てくるのだけれどそのほとんどが主婦によるもの。
少々趣が違う。
んー誰かいないものですかね。

話は変わって以前お伝えした新しい住民のパキスタン2人組みですが、どうやらインドの方だったそうな。
お隣はお隣だけどよ、誰だよ最初にパキスタン人とか言ったのは。
どうりで話が食い違うワケだよ。
まじでターバン巻いてるのにはちょっと驚いたけどね。
[PR]
# by zephyr_garden | 2005-06-15 16:53 | 雑記

トレイントレイン

更新ネタに迷った時は画像でも載せとけー作戦。d0059577_18221872.jpg
こちらはサンディエゴはダウンタウン、トロリーステーションでございます。
トロリーってのは写真左に移る赤い路上列車なんですが車を持っていない人の移動手段としてバスに次いで欠かせないものであります。
乗客層は主に働いているメキシコ人、ダウンタウンに通う語学学生(日本人含)、それにトロリーステーションの側にある大学に通う学生といったところでしょうか。
黒色人種もいっぱいいますね。
ちなみに写真右側水色の短パンで夏らしさをアピールしつつポーズを取っているメキシコ人が僕です。

通常僕は通学にバスを利用していますが今の家に引っ越す前はトロリーで通学していました。
このトロリー、実はドラマがいっぱい詰まっているんです。
まず最も頻発するドラマがナンパでしょう、間違いない。
ほんのちょっとの強引さで退屈な移動時間をバラ色に変えてみせますマギーです。
続いてはスリ、恐喝の類でしょうか。
実際遭遇したことはないですが耳にすること数知れず、というやつです。
もし財布や貴重品を取られてもトロリーから降りて追いかけて行ってはイケナイ。
追いかけた先に待っているのは犯人の仲間たちと冗談にならない罰ゲームです。
続いて同着で喧嘩ですかね。
なぜかバスに比べてトロリーは喧嘩が多い。
トロリーの色が乗客を熱くさせるのか?
学生同士の罵りあいもあるしおばさんたちの間でもゴングが鳴ることもしばしば。
しかし僕が見かけた争いは全て女性対女性だった。
世の女性方よ、落ち着きやがれ。

こんなドラマのいっぱい詰まったサンディエゴトロリーの旅、あなたもいかが?
[PR]
# by zephyr_garden | 2005-06-14 18:53 | 生活

dive into...

the band apart が2ndフルアルバムをリリースしたとの情報を得る。
帰宅してからタワーレコードのHPへ飛び確認。
購入者からの評判はすこぶる良いようだ。
しかしこれは一切アテにしない。
前作から既に2年近くのトキが経っていることにちょっと驚く。
1stアルバムはたくさん聴いた。
今でも聴く。

1stアルバムのレコ初ツアーには行った。
しかし序盤も序盤、私の地元でのライブが彼らにとっての初日だったのだ。
音そのものについての知識はほとんどないが、出来は決して悪くはなかったと思う。
しかしファンが悪かった。
結果本人たちも調子が上がりきらなかったんだろう。

今回もレコ初ツアーが行われる模様。
そして私の地元にもまた訪れるとのこと。

どうか客と一体になれるようなライブをして頂きたい。
ライブを創るのはバンド側だけじゃない、はず。
「ここでまたライブがしたい」と思えてもらえたら光栄である。

そしてもし今作がサンディエゴで売られていたら、迷わず買おう。
[PR]
# by zephyr_garden | 2005-06-13 18:42 |

割とどうでも良い英語の話し

言葉言語のカテゴリを作ったのにまだ日本語のことしか触れていないんですね。
一応留学生なんで英語の話を少し。
知っておくと邦楽を聞く際の粗探しに役立ちます。
興味のある方はどうぞ。
注)中学高校でキチンと英語を学ばれた方には読む必要の無い内容となっています

大した話ではありませんが
[PR]
# by zephyr_garden | 2005-06-12 12:16 | 言葉言語

メリケン・ベガス

昨日の続き

なんとかライブチケットを1枚落札した私はすぐに出品者への支払いを試みる。
が、しかし。
支払い方法が分からない。

方法は2つあるらしい。
1つは落札した金額の小切手を作って出品者へ送るというやり方。
もう1つはpaypalというオンラインでの銀行口座のようなものに登録し、そこから支払うというやり方。

paypalに登録して支払うには数日かかるという話を聞いたことがあったので小切手を送ることにする。
そこでまず出品者に住所を教えて欲しいという内容のメールを送信し返事を待つことにした。
しかし3日待っても返事が来ない。
今度は”既に小切手を作ったので住所を教えてくれればすぐに送れる”と付け加えて再度メールを送信する。
しかし待てども待てども返事は来ない。

困った。

何日か経った後にふと日本のチリ・ペッパーズのファンサイトに訪れたらばそこで驚きのニュースが。

ラスベガス生誕100周年記念の無料ライブチケットがオークションサイトで高値で売買されていることを知ったラスベガス市長が憤り、チケットを購入したにも関わらずそれをオークションなどで他人に売ることを禁止させたのだ。
さらに規約を破った者を見つけ次第逮捕する、と。

なんとまぁ市長がお怒りです。
でもオークションを禁止することってできるのだろうか。
しかも逮捕までできるのだろうか。

私が落札したチケットの出品者から返事が来ないのはこれが理由かどうかは定かではないが、未だに返事は来ない。
そしてebayでは相変わらずライブチケットが出回っている。

納得イカン。
誰か真相を教えてください。
そして私を甲子園ライブへ連れて行って下さい。

ライブまであと3週間強。
まだ諦めるには早いっしょ。
[PR]
# by zephyr_garden | 2005-06-11 17:45 |

ベガスの純真

昨日の続き

d0059577_16384110.jpgどうしてもチリ・ペッパーズに会いたいっ。
彼らのライブを見たいのだっ。
チケットが売り切れという事実を前に落胆する私。
とそこに今回のイベントそのものの存在を教えてくれた友人が耳打ちする。
「ebay見てみ。」

ebayとは全米最大級のオークションサイトで手に入らないものは無いとまで言われている(と思う)。

すぐにページへとび検索したら蛇口を捻った水道の如く出てくる出てくる。
明らかにボッタ栗な金額も多いけれど2枚組みで40ドル程度で取引されている模様。
今までオークションはおろかオンラインで買い物すらしたことの無い私。

決意をする。
会員IDを取得し、チケットを落札することを!

こんな時にこそ人間はその持てる力を総動員させるものらしい。
そう、欲望とは力なのだ!
そして力とは、パワーだっ!

普段ならすぐに降伏する英語表記のwannaたちを難なく潜り抜けなんとか無事に登録完了。
興奮のあまり乾きだした唇を噛み締め入札にかかる。

そして2日後、他の入札者たちとの壮絶な入札戦争の末に一枚のチケットの落札に成功したのだっ。

しかしこの話はまだ終わらない。
[PR]
# by zephyr_garden | 2005-06-10 17:05 |

ギブミー・チョコラータ

2005年7月2日、ラスベガスである催しが開かれます。

その名はVEGAS ROCKS 100
d0059577_1735295.jpg

ロックファンには垂涎のこの名前、都市ラスベガス生誕100周年記念パーティであります。
基本的には飲めや騒げやのパーティらしいのですがもちろんコンサートもあります。
そのアクトがこれまたすごい。
なんとWEEZERRED HOT CHILI PEPPERSの2組。
しかも入場料はございません。
当然ライブチケットの方は限りがありますが。
さすが天下のベガスさんフトコロが違います。

特にチリ・ペッパーズは私の一番好きなバンドの1つでありまして現在2度目の黄金期を迎えている彼らのライブを見逃せるわけがありません。

チケットはオンラインでのみ購入可能。
購入っていってもタダなんですが。

発売日学校から帰った私は早速購入を試みるも見事に完売されていた。
スタートからわずか3時間しか経っていなかったのに。
ショック。
ショック。

完全に甘く見てましたね。
ヤラレタ。
ヤラレタ。

どうやら発売から10数分で完売したらしいと後から情報が入ったのできっと私と同じ思いをしたファンがたくさんいたことでしょう。

しかし私は諦められなかった。
どうにかしてチケットを手にしたかった。

やつらに会うためにカリフォルニアまで来たのだ!

続く
[PR]
# by zephyr_garden | 2005-06-09 17:15 |