ブログトップ

ゼファーガーデン(the zephyr garden)

toughshot.exblog.jp

ネタいがいの なにものでもない

最近ちょこちょこ目にする脳内メーカーなるものをやってみた。
名前を入力するだけで勝手に脳内判断してくれるというおせっかい極まりないツールである。
とりあえず「ゼファー」と打つ。

d0059577_15202585.gif
ある意味期待通り且つ否定できない結果が返ってきた。
ゼファーとはッ、99%の嘘と1%の悪によって成っている!
凡人にはわかるまい、その点この僕にはわかるよ。
続いて「ゼファーガーデン」でやってみた。

d0059577_15223363.gif
残りの1%まで嘘になっちゃった。
100%超純粋な嘘。
一点の曇りも無い、ドス黒い嘘。
ならばオフラインの俺を映してみせよッ、と本名を入力。

d0059577_1532994.gif
な ん だ こ りゃ

悪あがきに本名をひらがなで再入力。

d0059577_15332015.gif
な ん だ そ りゃ
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-07-21 15:34 | 雑記

ドラゴンクエストのおもいで

初めての出会いは僕がまだ小学校に入る前、兄がしていたのを横から見ていたファミコン版ドラクエ4だった。
戦士ライアン、おてんば姫のアリーナに振り回されるブライとクリフト、商人のトルネコ、踊り子マーニャと妹の占い師ミネア、そして天空の血をひく選ばれし者、勇者。
勇者がすごくかっこ良くて、アリーナがすごく強くて、見てるだけで楽しかった。
でも難しそうだから自分でやろうとは思わなかった。
ドラクエの主人公には決まった名前が無いから、兄は自分の名前を主人公につけていた。
逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、で全部会心の一撃。
デスピサロが何回も変身するのはちょっと恐かった。

ドラクエ5が出たのは僕が小学校に入ってからだった。
敵のモンスターを仲間にできるっていう新しいシステムに興奮して、戦闘が終わる度にモンスターが起き上がるのを期待してた。
兄は4つあるベビーパンサーの名前の候補からボロンゴという名前を選んでいた。
主人公が大人になると、結婚して子供が産まれた。
兄は産まれた男の子に僕の名前、女の子に妹の名前をつけた。
男の子が成長すると、実はその子が伝説の勇者の子孫だと分かった。
ドラクエ4で兄が装備した天空の剣や鎧は、5で僕が装備した。
相変わらず最初は見てるだけだったけど、しばらくして自分でもやってみた。
だから別の意味で5が僕にとって初めてのドラクエでもあった。

楽しかったドラクエのおもいで

続きを読む
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-07-20 17:06 | 雑記

>>>>>>>>

一時期はスニーカー関連の記事ばっかりあげていたのに最近はもっぱら漫画関連が多く読者のヒキが懸念されているとかいないとか。
で、また漫画の話なのだけれど、感想サイトはまだしも考察サイトを覗いてみるとその観察眼に圧倒される。
このコマ割の意図・意味だとか、序盤からの構図の推移とか、普通に読んでたら到底気づけないものばかり。
間だとか行間だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてない。
僕もここで感想挙げるときは改めてその作品を読み直しているけど、気づけないやつはいつまでたっても気づけないのかもしれない。
でも自分なりにやっていこう。
所詮はブログだもの。
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-07-19 16:49 | 雑記

それが試行錯誤というやつか?

機能的模様替えを施した。
模様替えというよりも配置替えか。
期待していた機能性は得られたが、同時に思わぬ便利性を失った。
思うに何か「より良い」を得ようとするとき、そのより良いがもたらす消失を見落としがちだと思う。
そしてその消失はしばしば「慣れ」によって消失させられることがある。
より良いのより良いを求めて実現できればそれが良いのだろうけれど。
履きやすく脱ぎやすい靴ひものバランスは果たして生活を過ごすためには良いとしても、その足には決して優しくはないように。
しかしバランスという言葉の重みを無視することはできないだろう。
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-07-10 16:19 | 生活

あの人に恋人ができない400の理由

伏線の使い方が秀逸なweb漫画に感心。
商業目的じゃあないからこその部分がカクジツにあると思う。
思い当たってキーワード伏線で検索したら人気海賊漫画の伏線考察サイトみたいなのが二番目に出てきた、うーん。
犯罪に手を染める。犯罪から足を洗う。手で始まったのに足なのかよ、と思ったら二つの言葉の語源が別々なために矛盾しているようになるのだそうな。
大食いチャンプのタケルコビヤシ(アメリカ人の発音する小林はどう聞いてもコビヤシ)がついに負けたとか。去年の独立記念日の放送は見てたなぁ。
○ろまんがが欲しい。モノスゲー欲しい。オタクの友達も欲しい。
あー写真を色々とアップする予定だったのですが予定のまま何ヶ月も経ってました。気が向いたときにでも掲載します。
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-07-09 15:21 | 雑記

お前の意見は訊いてない

最近、に限ったことじゃあないんだろうけど、yahooニュースがどっかから引っ張ってくる記事が下手糞なうえに内容の無いもので呆れる。
特にエンターテインメント欄のニュースがひどい。
文体の統一されていない記事、記者個人の価値観に頼る記事、根拠の無い理由、時間を返してくれ。
livedoorのPJ記事と良い勝負だ。
内容無し、結論無し、読む価値無しじゃあもはやヤマ無しオチ無しイミ無しのアレと同類だ、ってそれは言いすぎか。
ともかく圧倒的大人数相手に公開してる自覚を持って記事を選別してもらいたいものだ。
mixiやブログの自慰日記じゃあないんだからね。
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-06-20 15:12 | 雑記

あなたならどうする?~漫画太臓もて王サーガ~

少し前の話だけど、『太臓もて王サーガ』が突き抜け(打ち切られ)ちまったァーオゥマイガッ!
ここを読んでいる人でジャンプで連載してたこの作品を知ってる人なんてほとんどいないと思う。
しかし、しかしだ。
ワタシにこの作品に対する想いを語らせてほしいんですがかまいませんね!!
と自然にあのネタが出てきちまう。
大亜門(作者)とジョジョって組み合わせはァーハーモニーっつんですかー。
たとえるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森明雄の原作に対するちばてつやの『明日のジョー』!つうーッ感じっスよぉー。

セリフ、構図はもちろんのこと、しまいにはジョジョの登場人物(しかも主人公)まんまのキャラを登場させちゃうあたりに痺れる憧れるってやつだ。

ただ、判っていた…この作品が極端なほどに好き嫌いに分かれ賛否両論の嵐となることは。
批判を覚悟で言うならばそういったNO反対!派の連中の何割かは『パクリ』と『パロディ』の区別がついちゃあいないのだ。
たとえば浜崎あゆみがマライアだとかブリトニーだとかの曲をにょろっと変えて自分のものにするのはパクリだ。

パクりたいやつがパクるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし読者が作品に対してあれこれと言うのだって自由だ。だがしかし!この漫画(太臓)の作者(大亜門)はほとんど毎週、色々な作品から構図、アイデアをパクっていてそんなヤツは許さない。
・・・と「アンチはそう思っている」


たとえばアル・ヤンコビックがマイケル・ジャクソンの『今夜はビート・イット』を『今夜はイート・イット』として歌ったのはパロディだ。

つまり、つまりだァ、簡単に言うならば
元ネタを知られると困るのがパクリ
元ネタを知らないと困るのがパロディ

てえ事だと信じているんですよ。

あれ、このセリフジョジョで出てこなかったっけ

ジョジョを読み返す

あったーあったぞォー(嬉しい)

このコマ、構図や表情まで似せてるじゃあないかっ(さらなる発見)

二度オイシイ

大 亜門!君の荒木飛呂彦への敬意の表し方に敬意を表す!

こんな流れでいかがでしょう。
まぁ今の「しょうねん」たちがこの作品の元ネタを知らないために充分に楽しめないのは仕方がない。
かくいう自分もこちらのサイトがなければ半分も分からなかったがね。
でも漫画感想サイトの多くで打ち切りを惜しむ声があがったのは嬉しかった。
もうジャンプでチェックするのはネウロ他くらいになってしまったけど、さよならは言わない
またいつかどこかの誌面で温子に会えんことを祈りつつ。
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-06-17 19:53 | 雑記

ここ最近困ったこと~ネガティブに突き抜けろ~

自炊が面倒で困る。
髪が伸びすぎてるからチョト困る。
PCの働きがぎったんばったん遅くて困る。
ディアボロのド帝王がshareにならない面白さで逆に困る。
もう何回も、何回も言ってるけどSBRがすごすぎる。
新刊が出るたびに震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!
夏セメ・前期のクラスの先生がヒステリックっぽくて困る。
大きい声の人は苦手だよォォォ。
しかもその人に韓国人と日本人をごっちゃにされてるから困る。
FとPサウンドの区別が無いのは韓国だよォォォ。
でも「ああ、そうですね」とか言ってテキトーに流しちゃってる自分もよくない。
言いたいことも言えないこんな世の中だからポイズン。
RAVEで感動したという人を見る。
もうなんかうらやましくさえある。
夏時間とやらは時にあまりありがたくない。
午後8時半まで明るいって逆に困るんですよね…適度に暗くなってもらわなくちゃあね…夜を認識できない。
恐れていたことがついに起きた。
いよいよ●えという現象を理解できるようになってしまった。
末期症状というやつだろうか。
これは恐ろしいことだ…恐怖というやつだ。
そしてある人が言った。
それが初期症状だったことに気がつけないことこそが真に恐ろしいことだ、と。

ほんとに

冗談に

ならないですわ。
[PR]
# by zephyr_garden | 2007-06-14 19:10 | 生活